東芝デジタルソリューションズ、IT運用の継続的なシステム改善をサポートするマネージドサービス「Albacore」を提供開始

サイバー・フィジカル・システム(CPS)による社会変革が本格化しようとしている中、進化し続けるITを取り入れ、ビジネスの変化に継続して対応することが、企業を維持発展させるための重要な条件となっている。

一方で、ITシステムの日常のオペレーションを担う人材不足が深刻化しており、企業の情報システム部門では複雑化するシステムの運用負担増が課題となっている。

拡張性や初期コストなどの点で導入しやすいことから、クラウド環境を選択する企業も増えており、ベンダーごとに異なるクラウドの特性や障害時の対応に精通した人材も求められている。

こうした中、ITシステムの運用や、監視、保守、障害時の対応などを請け負うマネージドサービスへの需要が高まっている。

東芝デジタルソリューションズ株式会社は、顧客のIT運用をトータルにサポートし、継続的なシステム改善を行うマネージドサービス「Albacore(アルバコア)」の提供を開始する。

Albacoreは、ITシステムの維持・メンテナンス 、最適化・自動化を進めながら、継続的に改善していく運用サービスだ。

同社の事業領域で培った運用経験に基づき、最新のクラウド、IoT、AI、OSS等のテクノロジーを取り込み提供。さらにサイバー・フィジカル・システム(CPS)を目指し、エッジからオンプレミス/クラウドにわたるインフラストラクチャーの運用をフルレイヤーでサービス提供する。

また、契約管理などのバックエンド業務サービスやサービスデスク、アプリケーション運用まで含めたオプションサービスもラインアップとして揃えている。

同社は今後もサービスラインアップの拡充を予定している。

東芝デジタルソリューションズ、継続的なシステム改善をサポートするマネージドサービス「Albacore」を提供開始
クラウド活用をワンストップでサポートする「クラウドマネージドサービス」

サービスラインアップの一つであるクラウドマネージドサービスでは、クラウドを活用するために必要とされる企画から設計・構築、運用までをワンストップで提供する。

AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、Oracle Cloudなどに対応しており、それぞれの特長を組み合わせ、顧客のビジネス要件に合わせてマルチクラウド環境を提案する。

Previous

IDC Japan、2018年の国内RPAソフトウェア市場は上位3社の合計がシェアの75%を占めていると発表

日立と日立ビルシステム、人流予測型エレベーター運行管理システム「FI-700」を開発

Next