仏Dawex社、分散型データ取引技術を発表

多くの企業・組織間で安全かつ簡単にデータ取引が可能となった今日、データは戦略的資産となり、その価値を高めつつある。

データの提供者・利用者が、信頼できる枠組みのなかで取引を行える仕組みを整備することは、データマーケットプレイス、データ取引プラットフォーム運営側の役目だ。

世界の約8000の企業・組織が利用するデータマーケットプレイスを運営しているDawexは、10月6日~10日で開催されている中東・アフリカ・南アジア地域で最大のIT見本市GITEX2019に出展し、データ・エクスチェンジ・プラットフォームのハイブリッド機能(Data Exchange Platform hybrid capabilities)を発表した。

同ハイブリッド機能では、データの提供者、利用者、取引プラットフォームの運営者の間で取引が収益化される場合、利用者はデータ取引と決済管理において、2つのモードを選択できる。

分散型モードでは、ブロックチェーンを活用し、安全、トレーサビリティ、透明性が確保された枠組みのなかで、仲介なしでデータ取引を行うことができる。

この機能は、改ざん耐性のある既存のブロックチェーンを基盤とした機能を補完するものだ。

一方、管理モードでは、ステークホルダーがデータ・エクスチェンジ・プラットフォームの機能を利用してデータ取引と決済を管理することができ、さまざまなサービスから利益を得られるというメリットがあるとしている。

Previous

「Team Cross FA」が進めるスマートファクトリーの構築と実例 —「Smart Factoryセミナー2019」レポート2

ソラコム、エッジ処理カメラ「S+ Camera Basic」AIパートナーとの協業で用途別アルゴリズムを提供開始

Next