スカイディスク、データのAI活用をイメージできる製造業向け「SkyAI N-model」提供開始

製造業向けのAIサービスを提供する株式会社スカイディスクは、日本のものづくりを行う企業と共にAIプロジェクトに取り組み、製造現場への導入を進めてきた。そこで見えてきた課題として、AI活用のイメージが掴みづらい、データ分析やプログラミングの専門的知識が必要でAI導入のハードルが高いなどが挙げられる。

そこで、同社は、専門的な知識や複雑なデータ処理を必要とせず、簡単な操作で、今あるデータでAI活用のイメージを具体化できる「SkyAI N-model」を開発した。

「SkyAI N-model」は、製造現場に今あるデータを取り込むだけでデータを可視化し、データのAI活用をイメージできるアプリケーション搭載デバイスだ。さらに、分析アプリケーションも搭載しているため、データの分析手法も同時に検討することができる。特徴は以下の3つだ。

  1. 操作は今あるデータを取り込むだけ
    自社のデータを取り込むだけの簡単操作で、そのデータがデバイス上で可視化され、すぐにAI活用イメージを具体化できる。「AIを活用して何かしたい」と思っているものの具体的に何ができるかイメージが湧かなかった製造現場でも、手軽にAI導入イメージを持つことがきる。
  2. 専門的な知識や技術不要
    「SkyAI N-model」の利用する際には、専門的な知識や複雑なデータ処理は不要であるため、これまでAI知識が乏しいためにAI導入に踏み切れなかった現場でも、利用可能だ。
  3. 分析アプリケーションを搭載
    分析アプリケーションも搭載しており、「特徴量選択アプリケーション」「要因分析アプリケーション」「ラベリング」「異常検知」の4つのアプリケーションを活用することで、データの分析手法を可視化と同時に検討できる。

スカイディスクは、同デバイスを提供することで製造現場のデジタル化やデータ活用を加速させ、適切な課題設定と意思決定をサポートし、工場の働き方改革に貢献するとした。

Previous

パナソニック、本社エリア内で社員向け自動運転ライドシェアサービスを開始

凸版印刷とD-ID、非識別化技術を活用してAIの顔認識による個人情報特定・流出を防ぐサービスを提供開始

Next