ウェザーニューズ・朝日航洋・テラドローン、ドローンと有人ヘリコプターの運航一元管理実験を実施

昨今、ドローンの活用が大きく推進しているが、海外では、有人航空機とドローンの衝突による事故が発生した。また、国内でもニアミス事例が発生している。

そこで、株式会社ウェザーニューズは、朝日航洋株式会社、テラドローン株式会社と共に、電力施設内におけるドローンを使った施設点検、および有人ヘリコプター/ドローンの運航管理実験を行った。ウェザーニューズの有人ヘリコプター運航管理システム「FOSTER-GA」とテラドローンが提供しているドローン運航管理システム「Terra UTM」が情報連携することで、有人機と無人機の位置関係が1つのモニター上にリアルタイムに一元表示/管理できる仕組みだ。

同実験では、朝日航洋が保有する有人ヘリコプターを空港から離陸させ、同時にテラドローンが保有するドローンを電力施設内で飛行させ、これらの衝突を模擬することで、上記システム連携の動作を確認した。

また、同社の機内持ち込み型運航支援ツール「FOSTER-NAV」を通じて、朝日航洋が保有する有人ヘリコプターに迅速にその情報を伝えることで、ヘリコプターとドローン間の衝突回避の有効性を確認した。

なお、実際の衝突を回避する措置として、有人ヘリコプターとドローンの飛行高度を大きく変え、水平位置関係のみにて衝突を模擬する実証が行われた。

ウェザーニューズは今後、悪天候回避に加え、衝突回避技術を確立することで、有人ヘリコプターとドローンがともに安全に運航できる環境整備を進めるとした。

Previous

凸版印刷とD-ID、非識別化技術を活用してAIの顔認識による個人情報特定・流出を防ぐサービスを提供開始

NXP、5Gアクセス・エッジ向けLayerscape Accessの新シリーズを発表

Next