ルネサスのマイコンがMicrosoft Azure RTOSをサポート、IoT機器開発を加速

ルネサス エレクトロニクス株式会社(以下、ルネサス)は、利用者が容易にIoT機器をクラウドに接続できるようにするため、ルネサスのマイコンがMicrosoft Azure RTOSをサポートすると発表した。同社は、Microsoft Azure RTOSを簡単かつシームレスに搭載できるソリューションを提供する予定だ。

これにより、ルネサスのマイコンユーザが、インテリジェントでセキュアなマイコンと、Microsoft Azure RTOS、Azure IoT Device SDK for C、Azure IoT Plug and Play、Azure IoT Central、Azure IoT HubなどのマイクロソフトのAzure IoT製品を使用した、チップからクラウドまでサポートするトータルなソリューションを活用できるようになり、IoT機器開発の加速に貢献する。

現在ルネサスのRenesas Synergyプラットフォームのソフトウェアパッケージには、Azure RTOS(旧ThreadX RTOS)が含まれている。今後、ルネサスのRXファミリやRZ/Aシリーズなどのマイクロコンピュータ製品で、Microsoft Azure RTOSが使用できるようになる。新しいRenesas RA ファミリのフレキシブルソフトウェアパッケージもAzure RTOSに対応する予定とした。

Previous

フレクトとNew Relicが協業、国内企業のデジタルサービス品質の世界標準化に向けた実証実験を開始

CarstayやNTT東日本などがシェアリングエコノミーで連携、NTT東日本の保有駐車スペースを車中泊スポットとして提供

Next