CarstayやNTT東日本などがシェアリングエコノミーで連携、NTT東日本の保有駐車スペースを車中泊スポットとして提供

近年、訪日外国人含む観光客数が増加する一方で、観光地での宿泊施設不足が、各地域の観光消費額増加の妨げとなっている。また、昨今ニーズが拡大している車中泊は、道の駅など休憩施設での宿泊による駐車場スペースの長時間占有などが課題となっている。

このような課題を解決するため、Carstay株式会社、東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)、株式会社エヌ・ティ・ティ・ル・パルク(以下、NTTル・パルク)は、NTT東日本の保有駐車スペースを車中泊スポットとして提供開始した。

Carstayは、車中泊スポットとして駐車場や空き地を旅行者に貸し出すシェアリングサービスを展開しており、同取り組みにおいて、利用者と車中泊スペースのマッチングプラットフォームの提供や利用者のデータ収集などを行う。NTTル・パルクは、NTTグループの保有駐車スペースを管理しており、同取り組みでは車中泊スペースの運営、管理などを行う。

また、NTT東日本では、車中泊スペースの提供の他、車中泊スペースにおけるICT環境の提供・保守・運用、利用者のデータ収集と車中泊スポットの高品質化や地域連携に向けた分析を行う。

第1弾として開設した車中泊スポットは、栃木県日光市にあるNTT東日本の保有不動産NTT今市ビルと、NTT川治電話交換センターの駐車場だ。NTT今市ビルには4台、NTT川治電話交換センターの駐車場には2台の車中泊スポットを整備し、本日から利用を開始した。日光市を皮切りに、順次他エリアへも車中泊スポットの拡大を検討する。

あわせて、利用者の意向を踏まえた車中泊スポット環境の充実、高品質化による利用者満足度の向上、地域の観光資源や周辺エリアと連携した新たな旅行体験や観光回遊の提供による地域活性化への貢献を目指して、車中泊ユーザの観光動線データ等の収集・分析を行う。これにより、観光地を抱える自治体、観光協会等と連携し、地域観光資源の開発、観光プロモーションの観点から地域活性化支援を推進するとした。

Previous

ルネサスのマイコンがMicrosoft Azure RTOSをサポート、IoT機器開発を加速

NTTドコモとタカラトミー、ダンボールロボットによるプログラミング教育サービス「embot」の共同事業を開始

Next