NTTコミュニケーションズ、デジタル・トランスフォーメーションを実現する 「Enterprise Cloud」の大幅機能強化

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、2016年3月1日より、世界11カ国14拠点に基盤を展開するクラウドサービス「Enterprise Cloud」の機能を大幅に強化する。

 

デジタルテクノロジー(*1)の進化により、ヒト・ビジネス・モノをこれまでとは異なる形で融合し、既存ビジネスの変革や新ビジネスの創出につながる「デジタル・トランスフォーメーション」が加速している。

企業が「デジタル・トランスフォーメーション」を実現するには、従来のERPなどに求められるシステム性能や信頼性重視の「トラディショナルICT」と、IoTビジネスなど新しいビジネス創出に求められる俊敏性、柔軟性やAPIによる外部サービス連携などが前提となる「クラウドネイティブICT」、それら双方の環境を効率的に構築・運用するクラウド基盤が求められている。

NTT Comは、企業の「デジタル・トランスフォーメーション」のニーズに対応するため、「トラディショナルICT」を確実・容易にクラウド移行でき、「クラウドネイティブICT」と統合されたICT環境を、他社クラウドサービスやネットワーク、コロケーション環境を含めた形で実現するクラウドサービス「Enterprise Cloud」として、2016年3月1日より大幅に機能を強化し、順次提供開始する。

 

強化されたEnterprise Cloudの特長

「トラディショナルICT」に対応した専有型Hosted Private Cloud

基幹システムへの対応を強化し、高い信頼性を持つ専有型のHosted Private Cloudをオンデマンドで従量課金に対応したベアメタルサーバーと、VMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vに対応するマルチハイパーバイザーにて提供。
これにより、SQL Serverなど、サーバー上の全コアに対してライセンスが必要なシステムを運用する方、vSphereやHyper-Vによるシステムを運用する方は、既存のソフトウェアライセンスを維持しつつ、オンプレミスで利用していた既存の基幹システムを設計変更なくクラウド環境へ移行することが可能。稼働中の資産を活かしながら、コスト最適化した形でクラウド活用を実現する。

「クラウドネイティブICT」に対応したエンタープライズ向け共有型Cloud

オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」を採用し、業界標準のオープンなAPIを具備した共有型Cloudを提供。また、オープンソースのPaaS基盤ソフトウェア「Cloud Foundry」を採用した業務アプリケーション開発運用基盤を提供する。
これにより、エンタープライズ向けのサービス品質と信頼性を確保しつつ、アジャイル型・DevOps志向などの業務アプリケーションの効率的な開発・運用が可能。また、オープンなAPIで他サービスと連携するなど、特定のクラウド基盤技術へのロックインの不安を解消し、IoTなどのデジタルビジネスを迅速に展開することが可能。

シームレスなハイブリッドクラウド環境

SDN技術を活用し、Hosted Private Cloudと共有型Cloudを、L2接続による同一ネットワーク上でシームレスに提供。これにより、オンプレミス上で複雑な構成で運用しているネットワーク環境を、仮想サーバー・ベアメタルサーバーなどとファイアウォールやロードバランサーなどのネットワーク機能を自由に組み合わせた、柔軟性の高いネットワーク環境でご利用できる。また、オンプレミスで運用しているシステムのクラウド移行時に発生する、ネットワークやサーバー構成の設計変更作業などが不要となり、設計工程の約30%が削減可能。

クラウド拠点間を無料・シームレスにネットワーク接続

「Enterprise Cloud」のクラウド拠点間を10Gbpsベストエフォートの閉域ネットワークで無料接続。また「Enterprise Cloud」と「Nexcenter(TM)(*2)」の間を低価格で接続する。これにより、CADデータの各国のサプライヤとの共有や、世界中に分散するIoTデータ収集など、増大する拠点・システム間の通信を、無料もしくは低価格で実現できる。

効率的な運用管理とガバナンスを実現するクラウドマネジメントプラットフォームの提供

「Enterprise Cloud」は勿論、他事業者が提供する複数のクラウド基盤も含めて、ポータルサイトから一元的に運用管理できる「Cloud Management Platform」(CMP)を提供。
「トラディショナルICT」と「クラウドネイティブICT」双方の運用責任を持つ現在の情報システム部門にとって、多種のクラウド利用に伴う管理稼働増大は課題だ。CMPを利用し、複数のクラウドを一元管理することで管理稼働の大幅削減や適切なシステムリソース配分によるITコスト削減を実現できる。また、セキュリティポリシー統一やシステム標準化の実現により、ITガバナンス強化につなげることができる。

提供開始日

2016年3月1日(日本)
※日本から提供を開始し、イギリス、シンガポール、アメリカ、オーストラリア、香港、ドイツなどの拠点も2016年中に順次展開。

提供サービス

NTTコミュニケーションズ、デジタル・トランスフォーメーションを実現する 「Enterprise Cloud」の大幅機能強化NTTコミュニケーションズ、デジタル・トランスフォーメーションを実現する 「Enterprise Cloud」の大幅機能強化
※サービス提供予定含む

提供価格

詳細は、NTTComホームページ参照。

今後の展開について

2016年に7拠点で「Enterprise Cloud」の機能強化を展開するとともに、グローバルトップクラスのデータセンターや、ネットワークサービスとクラウドサービスとの更なる統合を、SDx技術(*3)を活用し、進めていく。

また、OpenStack(*4)をベースとしたマイクロサービスアーキテクチャー(*5)を採用した「Enterprise Cloud」は、オープンソースコミュニティーやテクノロジーパートナーから、最新のテクノロジーを取り込み、機能拡充を迅速に進めていく。具体的には、SAP HANAやHosted Private PaaSの提供、クラウドマネジメント機能強化などを推進することで、お客さまのデジタル・トランスフォーメーションの進展を支援していく。

 

*1:モバイル、ソーシャル、クラウド、ビッグデータなど
*2:データセンターサービス ブランド「Nexcenter(TM)」。「高品質」、「低コスト」、「柔軟性」を統合した次世代データセンターサービスの需要に応えていく。
*3:サーバー、ストレージやネットワークなどの物理的なICTインフラを、ソフトウェアによりコントロールする技術。
*4:OpenStackなどオープンソースの活用に関しては、NTTソフトウェアイノベーションセンタなどと連携し、取り組む予定。
*5:サービスを小さい単位に分割し、開発のスピードを迅速に行う、新しいシステム・ソフトウエア開発の設計思想。

 

【関連リンク】
NTTコミュニケーションズ(NTT Communications)

Previous

ロボットスタート、MJIロボットの一般販売開始に向けて、MJIと業務提携。

アイビーシーとSkeed、IoT事業に関する合弁会社設立に基本合意

Next