JR東日本など、「2019年度JR東日本管内のBRTにおけるバス自動運転の技術実証」実施

東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)が主催するモビリティ変革コンソーシアムでは、「JR東日本管内のバス高速輸送システム(以下、BRT)におけるバス自動運転の技術実証」を2019年11月25日から2020年2月14日の期間、JR東日本管内の気仙沼線BRTで実施する。

同技術実証では、大型自動運転バスの実用化を目指す上で、自動運転に関する各種技術の検証を行う。気仙沼線BRT柳津駅~陸前横山駅間4.8kmのBRT専用道を用いて、車線維持制御実験、速度制御実験、トンネル内走行実験、障害物検知実験、交互通行実験、車内モニタリング実験など、昨年度の技術実証と比較して、より実運用に近い形での技術実証を行う。

  1. 車線維持制御実験および速度制御実験
    • BRT専用道上に設置した磁気マーカの情報を高感度磁気センサ(MI センサ)で読み取り、自車位置を高精度に特定することで、GNSS(※1)電波の届かないトンネルを含む専用道上を円滑に走行する実験を行う。
    • 車両のアクセルとブレーキを自動制御し、柳津駅~陸前横山駅のBRT専用道上を最高60km/hでの走行を目指し、決められた位置でスムーズに停止する実験を行う。

    JR東日本など、「2019年度JR東日本管内のBRTにおけるバス自動運転の技術実証」実施

  2. 遠隔監視システムによる車内監視およびお客さまの動向検知の実験
    • 車内にカメラを設置して、走行中の乗客の席移動などをAIで検知し、遠隔で走行を監視するオペレーターに自動で通知する実証実験を行う。
    • 乗客の転倒などの事故を防止し、自動運転バスに安全に乗車するための車内モニタリング機能の有用性を検証する。

    JR東日本など、「2019年度JR東日本管内のBRTにおけるバス自動運転の技術実証」実施

  3. 無線を用いた信号制御による各種制御実証
    • 車両の位置情報を無線通信で取得し、自動運転バスと対向車両の一方に優先権を信号情報として通知し、車両1台分の幅のBRT専用道を交互に通行することを実証する。
    • 自動運転バスの無線通信は、「700MHz 帯 ITS 無線」「LTE」「Wi-Fi」を併用し、信頼性を高める。
    • 「Wi-Fi」ではマルチホップ伝送(※2)を活用して、トンネル内を含む電波の届きにくい道路沿いでの自動運転制御の実証を行う。

    JR東日本など、「2019年度JR東日本管内のBRTにおけるバス自動運転の技術実証」実施

  4. その他
    上記のほか、QZSS(みちびき※3)などを活用した自動運転バスの測位実験や、専用道に設置した機器による障害物検知実験なども行う。

今回の実証実験は、JR東日本の他、先進モビリティ株式会社、愛知製鋼株式会社、SBドライブ株式会社、京セラ株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社、株式会社ジェイテクト、ソフトバンク株式会社、日本信号株式会社、日本電気株式会社が参加している。

なお、同実証実験では、自動運転区間でもドライバーが乗車し、緊急時はドライバーが運転を行う。また、実証実験は技術実証を目的としているため、一般客を対象とした試乗会は行われない。

※1 人工衛星を使用して地上の現在位置を計測する「衛星測位システム」のうち、全地球を測位対象とすることができるシステム。全地球測位システムともいう。
※2 無線が届かない箇所にリレー方式でデータを中継し広い通信エリアをカバーする伝送方法
※3 準天頂軌道の衛星が主体となり構成されている日本の衛星測位システム

Previous

中国のBYDとトヨタ、電気自動車の研究開発会社を2020年に中国国内で設立

NECがスマートシティ・アーキテクチャの構築に向けた内閣府SIPを受託、システム間連携の実証研究を実施

Next