ALBERT、ビッグデータアナリティクス領域でアクセンチュアと協業し、ソリューション開発、提案活動を共同実施

株式会社ALBERTは、アクセンチュア株式会社と、ビッグデータアナリティクス領域で協業し、共同でソリューションの開発、提供を行なうことに合意した。

ALBERTが持つ人工知能・ディープラーニングを活用した先端の画像解析技術と、アクセンチュアが持つ豊富な分析プロジェクト経験及び各業界に精通した知見が組み合わされることで、幅広い業界の方に対して、科学的な根拠に基づく意思決定を支援する画期的なリューションを提供することが可能になる。

ALBERTは高度な分析力を強みに、国内におけるビッグデータアナリティクス市場で成長を遂げてきた。最近ではディープラーニングや状態空間モデルなど、最先端の分析技術をいち早くビジネスに応用している。理化学研究所脳科学総合研究センターで神経科学、特に高等動物の高次視覚野に関する研究に携わったメンバーを中心に、ディープラーニングの継続的な研究開発を行なっている。

 

【関連リンク】
アルベルト(ALBERT)
アクセンチュア(Accenture )

Previous

アイビーシーとSkeed、IoT事業に関する合弁会社設立に基本合意

IBM、IoT時代のソリューションを開発する「Watson IoT事業部」を新設

Next