IoT人気記事ランキング|内田洋行ITフェア2019レポートなど[11/4-11/10]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 目的を持ってデータを取得、「人」と「デジタル」の融合を図る ー内田洋行ITフェア2019レポート

2019年24日都内にて内田洋行ITフェア2019が開催された。
その中で「製造のプロセス全体をデジタル化〜AI/IoT/BIを活用したデジタル化で工場が変わる、経営が変わる〜」と題した講演を紹介する。
→詳細はこちら

2位 日本総研による「モバイルWiFiルーターの市場予測」

仕事やプライベート、様々な場面において、タブレットやノートパソコンなど携帯端末の利用シーンは大きく増えており、屋外などでも通信環境が必要となっている。
→詳細はこちら

3位 IoTの普及により増え続けるビッグデータとは

「データ駆動型社会」が到来し、データは「21世紀の石油」である、と言われている。
→詳細はこちら

4位 食品におけるトレーサビリティの重要性

トレーサビリティとは、日本語では「追跡可能性」と訳され、ものが生まれてから廃棄(消費)されるまでの全ての工程において追跡をしていくというものだ。
→詳細はこちら

5位 新たな価値創造を広島から発信していく ー広島県×イノベーターズセッション2019レポート

2019年7月、広島県が「デジタルトランスフォーメーション推進本部」を立ち上げたことをきっかけに、2019年10月30日都内にて、広島県×イノベーターズセッション2019が開催された。
→詳細はこちら

6位 ビューティテック事例3選 ~ロレアル、Amazon、資生堂

美容とテクノロジーを融合した「ビューティテック」という言葉をご存知だろうか。
→詳細はこちら

7位 東芝、IoTサービスをオープンに共創する「ifLinkオープンコミュニティ」を設立

株式会社東芝と東芝デジタルソリューションズ株式会社(以下、TDSL)は、IoTサービスのオープンな共創を目指す「ifLinkオープンコミュニティ」を2019年度中に設立して、2020年度から活動を開始すると発表した。
→詳細はこちら

8位 スマートビルディングとは

ビル全体のエネルギー最適化を図ることが出来るビルをスマートビルディングという。
→詳細はこちら

9位 OMOの真のメリットとは?

最近「OMO」という言葉をよく聞く。日本ではまだあまり馴染みがなかったり、誤解されて使われている印象がある。
→詳細はこちら

10位 三菱電機、準天頂衛星システムCLAS対応のセンチメータ級高精度測位端末「AQLOC-Light」発売

三菱電機株式会社は、準天頂衛星システムによるセンチメータ級測位補強サービス(以下、CLAS)などの高精度測位補強情報を受信する新しいセンチメータ級高精度測位端末「AQLOC-Light(アキュロック ライト)」を発売した。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

OKI、レーザー距離センサーと複数のカメラを融合して特定エリアを監視する「可搬型エリア侵入監視システム」を開発

ソニー、「aibo」のソフトウェアAPIを公開

Next