B-by-Cと新金宝、顔のプロポーション・シミ深度・赤みなどを測定するIoTミラー「HiMirror-Professional」を発売

B-by-C株式会社と台湾・新金宝グループ(以下、新金宝)は、顔のプロポーションやシミの深度、赤みなどを測定し、次世代カウンセリングができるIoTミラー「HiMirror-Professional」を共同開発した。

「HiMirror-Professional」は、B-by-Cが開発・運営しているフェイスレッスンや顔筋トレーニングスタジオで培った過去10年間約60万人の顔データを、新金宝のエンジニアがデジタル化、ディープラーニングによりミラーでの4V測定機能を実現した。

同IoTミラーは、AIによる肌測定としてシミ・しわ・毛穴など計7箇所を測定する。例えば、シミの深度をステージ化して測定、敏感肌部位や測定に有効な赤みの面積を測定することで、肌の見える化を可能にする。また、顔のプロポーションを数値化した「4V」機能を有しており顔の形が測定できる。加えて、ディープラーニングによる肌測定精度が進化していく機能を搭載している。メーカーや企業チェーンごとにUIのカスタマイズも可能だ。

「HiMirror-Professional」の販売価格は39,800円(税抜)で、11月にBtoB版を発売予定であり、一般向けには2020年の発売が予定されている。

Previous

ソニー、「aibo」のソフトウェアAPIを公開

MKI、創薬事業をトータルにサポートする「MKI-DryLab for Microsoft Azure」提供開始

Next