IDC、2018年国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場はVMwareがリードと発表

IDC Japan株式会社は、ネットワーク仮想化/自動化の主要構成要素である国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場に関する、2018年のベンダーシェアを発表した。これによると、コンピューティングの仮想化/自動化に強みを持つヴイエムウェアが市場をリードしていることが分かった。

ヴイエムウェアは、2018年も国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場で高い成長を実現した。これは、ヴイエムウェアのサーバー仮想化環境での仮想化/自動化の次のステップとして、「VMware NSX Data Center」を活用したネットワーク仮想化の導入に顧客が進んでいることが背景として挙げられる。ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場を提供形態別で分類したNVOソフトウェア市場では、2018年は72.6%のシェアを占めている。

また、ネットワークインフラストラクチャ市場で高いシェアを有するシスコシステムズも、ヴイエムウェアと共に同市場を牽引しており、同市場の提供形態の1つであるコントローラーアプライアンス市場では、61.7%のシェアとなった。データセンターネットワークの運用、構築の更なる効率化や自動化を推し進める中で「Cisco ACI」の採用が進み、企業ネットワークの自動化を柱とする「Cisco DNA Center」の導入も加速してきている。

ヴイエムウェアとシスコシステムズは、ソリューション開発の面でも、マルチプラットフォーム化を推し進め、アジャイル開発やサブスクリプションモデルを採用するなど、市場の動きを牽引している。

IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野 賢一氏は次のように述べている。

「ネットワーク仮想化/自動化市場をリードしようとするベンダーには、ネットワーク分野におけるサブスクリプションモデルの有用性と活用方法の啓発活動が求められる。特に、サブスクリプションモデルの価値を十分に発揮する企業のネットワーク運用体制への転換を促すことが重要である。企業ネットワーク運用管理のトランスフォーメーションが、サブスクリプションモデルの受容には欠かせない」

Previous

ソフトバンクと東京工業大学、5G対応の「時間・空間電波伝搬推定法」の国際標準化を達成

ピクシブとPFN、ディープラーニングを活用したイラストの自動着色分野において協業

Next