マイクロテクノロジー、車両管理/テレマティクスサービス「ProPosition」を駐車場運営・管理会社のパラカへ導入

マイクロテクノロジー株式会社は、駐車場を運営・管理するパラカ株式会社に、通信機能付きOBDII端末で位置情報や走行速度・距離などの車両状況をリアルタイムに管理出来る「ProPosition」システムを納入した。

同サービスにより、パラカ株式会社は効率的な営業車両の一括管理が可能となっただけでなく、運転者に安全運転を促すという効果をあげることが出来た。

ProPositionは、マイクロテクノロジーが注力するテレマティクス事業の中核領域の1つであり、自動車だけではなく二輪車、建設機械や船舶の積荷などにも幅広く適用可能。

 

パラカの「非効率」と「非管理」の2つの課題

パラカ株式会社では営業車両を利用する際、営業担当者が紙ベースの乗車日報を記入し提出する必要があった。また、管理部は送られてくる乗車日報を1件ずつ表計算ソフトに手入力して管理していた。

管理する・管理される側双方にとって煩雑な事務作業となっていたこと、そして乗車日報が営業車両の利用実態を把握する唯一の手段であるということ、この2つの潜在的課題を抱えていた。

 

ProPositionなら早期導入が可能な理由

・低価格
サービス導入初期費用(OBDII対応端末含む:27,800円)
月額費用:980円/デバイス(最低10台から)
※SIMカード通信費用は含まれていない。(300円/月額で同社での用意も可能。)

・無償で2週間のトライアルサービスを提供

・取付け工事不要、車両にOBDII端末を挿すだけの簡単設置

・OBDII端末以外にも車両情報を取得出来る端末も提供可能

 

ProPositionの機能

リアルタイムに車両管理、燃費削減、事故や危険運転の発生を「見える化」

リアルタイム車両管理

複数の登録車両の位置情報をリアルタイムに地図上に表示

各種通知機能

速度違反や指定地域への出入り等に応じて、アラート表示・メール通知

走行履歴管理

任意の期間を指定して各車両の運行状況を表示

運転統計情報

指定条件によるダッシュボードへグラフ表示

タブレット・スマートフォン対応

車両情報がいつでもどこでもリアルタイムに管理者とドライバー双方で閲覧可能

 

マイクロテクノロジーとしては、今回のパラカ株式会社のような社用車への導入や、その他、リース車、大型車両(24V対応)、建設機械、二輪バイク、福祉車両車等への導入、さらにはProPositionを利用したアセットトラッキングサービスをコンテナ、近海船舶、建設機械アタッチメント等へ展開を増やしていく予定だという。

 

【関連リンク】
マイクロテクノロジー(MT)
パラカ(Paraca)

Previous

三越伊勢丹ホールディングス、人気スタイリストの人工知能を活用した店頭接客「FIND NEW STYLE」をスタート

クレスコ、IoTプラットフォーム「KEYAKI」提供開始。各種デバイス/センサーの集中管理により、IoTサービス開発を加速

Next