三菱電機とNEC、製造業における5G活用に向けた共同検証を開始

少子高齢化による労働力不足やエネルギー消費増大による環境問題の発生などに伴い、製造業全体のさらなる効率化のニーズが高まっている。また、顧客ニーズの多様化により、ものづくりは少品種大量生産から、多品種少量生産、そして変種変量生産へと移行が進んでいる。

これらに対応するため製造現場では、生産ラインの自動化や可視化、工作機械やロボットの多機能化による柔軟な生産設備の実現など、工場内のスマート化が進められている。また、工場間、そして企業間の高度な連携により、エンジニアリングチェーンからサプライチェーンまでのものづくり全体を最適化することが強く求められている。

そのような中、三菱電機株式会社と日本電気株式会社は、FA-IT統合ソリューション「e-F@ctory(※)」における5G活用に向けた共同検証を開始することに合意した。製造業における両社の知見を活かし協業することで、5Gユースケースの検証を加速し、Society5.0の実現およびSDGsの達成に貢献していく。

両社は、工場内ではプライベート網であるローカル5G、工場間・企業間の連携には公衆網の5Gを適用するハイブリッド5Gを活用したe-F@ctoryの実証実験を共同で実施する。

ローカル5Gの活用により、例えば工場内の多数の無人搬送車をよりスマートに動かすことができるようになるという。さらに、ハイブリッド5Gで工場内の情報と公衆網の情報をつなげることで、エンジニアリングチェーン、サプライチェーン全体を最適化し、需要変動にフレキシブルに対応するスマート生産の実現が期待できる。

※ FA技術とITを活用し、開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減する三菱電機のFA統合ソリューション。

Previous

富士通と理研、スーパーコンピュータ「富岳」のプロトタイプが消費電力性能で世界1位を獲得したことを発表

ソフトバンクやMONETなど、いわき市のグリーンスローモビリティを活用した次世代交通システム実証に協力

Next