オプテージ、「ローカル5G」事業参入へ

株式会社オプテージは、年内にも制度化が予定される5Gを地域限定で利用する「ローカル5G」事業参入を目指し、「ローカル5G」の実証実験を開始するために2019年度中に同社オプテージビル内にラボを開設すると発表した。

「ローカル5G」は、超高速・大容量化、多数同時接続および超低遅延の通信を行う5Gの主要性能をいかし、企業や自治体などのさまざまな顧客の個別ニーズに応じて建物内や敷地内でスポット的に柔軟に5Gシステムを構築する。

オプテージ、「ローカル5G」事業参入へ

オプテージ「ローカル5G」の特長は以下の通り。

  • 閉域ネットワークの提供
    同社保有の光ファイバーによって専用線サービス、VPNサービス、インターネット接続サービスおよびモバイルサービスを提供。「ローカル5G」の組み合わせによって、リモート拠点間の閉域ネットワークを構築することができる。
  • 顧客に応じた柔軟対応
    顧客のニーズや利用用途に応じて「ローカル5G」を柔軟に構築できる。具体的には端末の用途に応じて通信品質などを変更し、要望に応じてインターネット接続やクラウド接続を実現する。
  • ネットワーク全体を24時間365日監視
    通信事業者として24時間365日ネットワーク監視を目指す。「ローカル5G」含め、ネットワーク全体を監視することにより、障害が発生した場合も発生箇所を特定し早期の障害復旧を目指す。

また、同社は、2019年度中を目途にオプテージビル内に「ローカル5G」を利用したデモンストレーションや実証実験を行うためのラボを開設する。ラボでは、顧客やパートナーが「5G」の知識習得や他の無線通信との差異確認や顧客設備への接続検証などを実施できる環境を構築する。

ビル内での実証実験では、「ローカル5G」の周波数帯・28GHzおよび自営BWA(広帯域移動無線アクセスシステム)の周波数帯・2.5GHzにてデモ環境を構築し、ワイヤレス4K8K映像伝送やAR技術を用いた作業支援デモなどの実証実験を行う。さらに、2020年度には顧客の施設内での実証実験を開始する予定とした。

Previous

レンジャーシステムズ、AIカメラ活用の車番認識システム「mono AI-LPR」をブレインズと共同開発

総務省、2020年度「戦略的情報通信研究開発推進事業(国際標準獲得型)」 でeHealth分野の研究開発課題を公募

Next