ベイシス、IoT機器設置などの電気通信工事をDX化

IoTをはじめとする通信機器を短期間に大量設置するには、人手の確保や作業の効率化、生産性向上が大きな課題だ。そこで、ベイシス株式会社は、日本全国のIoT機器設置をはじめとする電気通信工事のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)化を開始した。

重要データの手入力をスマートフォンカメラのQRコード読取により不要にし、帰社後に行うことが多い報告書作成も、スマートフォンによる写真撮影と簡単な入力を現地で行うだけで済むようにする等、DX化を進めることで、生産性の向上を実現した。更に、工事の品質管理においても、RPAと自社開発の画像認識AIを活用し、報告データの誤り検知工数を95%削減した。

ベイシス、IoT機器設置などの電気通信工事をDX化

これにより、IoT機器の設置・交換工事に関して、短期間で大量の設置を円滑に進めることができ、1日当たりの生産性を向上させることで、限られた人数でも大量の機器設置が可能になる。

Previous

シュナイダーエレクトリック、エッジ環境向け小型サーバーラック「NetShelter SX 12U/18U」を発売

スペクトラム・テクノロジー、AWS IoTを活用したサーモセンサ開発キットを発売

Next