フィリップスと仙台市、IoTを活用して心肺停止時の新たな自助・共助モデルの実証実験を行うプロジェクトを開始

日本では、心肺停止からの社会復帰率は8.7%、AEDの使用率は4.9%と低く、改善の余地があるとされている。こうした課題に対応するため、株式会社フィリップス・ジャパン(以下、フィリップス)と宮城県仙台市は、地域住民が協力してAEDを使用し、心肺停止からの社会復帰を目指す「仙台Heart safe cityプロジェクト」を2019年12月から開始する。

同プロジェクトでは、仙台市若林区荒井東地区で、AEDの使用方法を含めた救命講習会を実施するほか、AED及びSOSボタンの屋外設置と地域住民によるファーストレスポンダー(救急隊に引き継ぐまで適切に応急手当ができる救護者)体制による、心肺停止時等における新たな自助・共助モデルの実証実験を行う。

同実証実験では、株式会社アルムが提供するスマートフォンアプリ「MySOS」を活用する。MySOSは、自身や家族の健康・医療記録を行い、救急時などのいざという時にスムーズな対応をサポートするLTE-M通信規格の救命・救急補助スマートフォンアプリである。

心肺停止現場を目撃した際、SOSボタンにより、近くにいるアプリユーザへSOSを一斉通知できる。これにより、人がたくさん集まるような大規模イベントの救護体制をはじめ、各組織における自助・共助を強化した体制作りが可能になる。

同プロジェクトは、2020年2月まで行われる。

Previous

YE DIGITAL・西鉄グループ・国際興業、スマートバス停の実証実験をさいたま市内で開始

「人」への働きかけを第一に考える内田洋行のスマートビルディング ―内田洋行・山本哲之氏インタビュー

Next