トヨタと西鉄、マルチモーダルモビリティサービス「my route」を福岡市・北九州市で本格始動

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と西日本鉄道株式会社(以下、西鉄)は、2018年11月1日から福岡県福岡市で、トヨタが開発したスマートフォン向けマルチモーダルモビリティサービス「my route」の実証実験を実施しており、同サービスの実用性の検証と機能改善を行ってきた。

「my route」は、「店舗・イベント情報の提供」から実際の「移動手段の検索・予約・決済」まで、移動に関する一連の機能をひとつのアプリ内で完結することができ、街中での「円滑な移動のサポート」や「街の賑わいの創出」への貢献を目指す。サービス内容は以下の通り。

  • マルチモーダルルート検索
    公共交通(バス・鉄道・地下鉄など)、自動車(タクシー・レンタカー・カーシェアリング・自家用車など)、自転車、徒歩など、様々な移動手段を組み合わせて、移動ルートの選択肢を提示する。また、ルート検索で西鉄の路線バスのリアルタイムの位置情報や駐車場の満空状況も表示する。
  • 予約・決済
    タクシーの予約・決済、西鉄バス・電車のデジタルフリー乗車券の購入が可能。移動手段の予約から利用までを1つのアプリの中でシームレスなサービスとして提供する。
  • 店舗・イベント情報の検索
    地域のイベントや店舗・スポット情報を提供し、外出のきっかけ作りや目的地付近での回遊性を高める。

今回、両社は「my route」の本格実施を発表した。実証を行った福岡市に加えて、北九州市にもサービス提供エリアを拡大して2019年11月28日から提供を開始する。また、九州旅客鉄道株式会社(以下、JR九州)が新たに参画する。

本格実施に伴い、TOYOTA Wallet(※1)対応による電子決済手段の拡充、TOYOTA SHARE対応によるトヨタのカーシェアサービスの提供、従来の日本語・英語に加えて中国語(繁体字・簡体字)・韓国語に対応を予定(※2)している。

福岡市では、これまで販売していた西鉄バス・西鉄電車のフリー乗車券に加えて、福岡市・西鉄・JR九州・昭和自動車が共同で提供する訪日外国人専用1日フリー乗車券「FUKUOKA TOURIST CITY PASS」をデジタル化し、「my route」内で販売予定(※2)だ。

北九州市では、西鉄バスフリー乗車券(路線バスのみ)の販売を開始し、これまでのJapanTaxiとの連携に加えて第一交通産業株式会社のタクシー配車予約サービス「モタク」とも連携を予定(※2)している。さらに、福岡市に加えて北九州市と連携し、地元の観光スポット情報の提供などを取り組む。

また、九州新幹線や全国の高速バスと連携して、域内のモビリティサービスだけでなく、福岡市・北九州市を目的地・出発地とした長距離移動もサポートする。具体的には、列車のきっぷをインターネットで予約できるサービス「JR九州インターネット列車予約(※3)」、京王電鉄バス株式会社が提供する高速バス予約サービス「ハイウェイバスドットコム(※4)」との連携を予定(※2)しており、順次サービスを拡充するとした。

「my route」コンセプト映像

※1 iOS版のみ。Android版は2020年春ごろを予定。
※2 2020年春ごろを予定。
※3 2020年1月ごろを予定。
※4 九州エリアでは、高速バス情報ポータルサイト「@バスで」で予約可能な高速バス路線が利用できる。

Previous

Agoop、大学・研究機関による位置情報ビッグデータの利活用を推進する「人流データ利活用パートナーシップ」を開始

TIACTとKCCS、ドーリーの位置管理にSigfoxを活用したサービス「IoT Tracker」を導入開始

Next