ソフトバンクとe5ラボ、次世代通信衛星を活用した海上ブロードバンドサービスの提供に向けて共同検討を開始

日本の海運業界の課題である船内通信環境の改善を目指して、ソフトバンク株式会社と株式会社e5ラボは、次世代通信衛星を利用した海上ブロードバンドサービスの提供に向けて、共同検討を開始した。

e5ラボは、電気推進船の開発および普及促進を通して、新しい海運インフラサービスの構築に向け、旭タンカー株式会社、株式会社エクセノヤマミズ、株式会社商船三井などが設立した新会社である。

両社は今後、下記の実証実験を行う。

  • 通信衛星を利用した実証実験(期間:2020年1月~2020年5月末予定)
    e5ラボの企画に沿って、ソフトバンクが船舶に平面アンテナおよびローカル無線局を設置し、通信衛星を伝送路にした通信試験を実施する。
  • 次世代通信衛星を利用した実証実験(期間:2021年1月~2022年3月末予定)
    2019年7月に、ソフトバンクと業務提携契約を締結した英OneWeb Ltd.の低軌道衛星通信サービスや、平面アンテナを使用した通信試験を実施する。同通信試験では、船舶でのIoTデバイスの活用や、リモート操縦に向けた陸上との通信試験を行う。
Previous

ソフトバンクとLippo Karawaci、インドネシアでAI・IoTを活用したソリューションの普及に向けて提携

CompTIA、日本の10代の36%が将来ITキャリアを検討と発表

Next