グルーヴノーツと西日本シティ銀行、クラウドAIプラットフォームを活用して金融業務の効率化に向けた実証実験を開始

株式会社グルーヴノーツは、株式会社西日本シティ銀行のテクノロジーアドバイザーとして参画し、2019年10月から12月にかけて、グルーヴノーツ提供のクラウドAIプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)(※)」を活用した実証実験を開始した。

同プロジェクト第一弾の取り組みとして、西日本シティ銀行営業店の業務の効率化および高度化に向け、社内問い合わせ対応と来店客数予測においてAIを活用する。グルーヴノーツはこれまでの知見や経験を活かして、西日本シティ銀行がAIを活用推進していくための体制支援に向けてテクノロジーアドバイザーとして参画し、AIや量子コンピュータといったテクノロジーの導入を推進し、同行の業務課題の解決、企業価値向上に貢献する。

加えて、グルーヴノーツと西日本シティ銀行の本拠地点である九州の地域経済の発展に向け、両者協働して企業におけるAI利活用の加速、経営課題の解決をサポートする。MAGELLAN BLOCKSは、AIにより将来を予測するだけでなく、量子コンピュータを使って、予測される未来に適切に対応する人や作業の組み合わせを解決することが可能になる。同取り組みの詳しい内容は以下の通り。

  1. 営業店からの問い合わせ対応業務をAIで効率化
  2. 質問内容が多岐にわたり複雑かつ専門的で、最も頻度の多いローン商品に関する問い合わせ対応業務に、AIを活用する。これにより、本部の業務省力化や、営業店でのチャットボット活用による顧客対応の迅速化など、顧客接点の充実を目指す。グルーヴノーツと西日本シティ銀行、クラウドAIプラットフォームを活用して金融業務の効率化に向けた実証実験を開始

  3. 営業店への日々の来店客数をAIが予測
  4. 過去の来店客数実績をもとに、天気・気温・降水量といった気象予測データ等の外部データも活用しながら、AIで日々の来店者数を予測する。窓口の待ち時間短縮に向けた営業店の適切な受入態勢の構築や営業時間の見直しなど、店舗運営を支援して顧客の利便性・満足度向上に向けた施策検討につなげる。グルーヴノーツと西日本シティ銀行、クラウドAIプラットフォームを活用して金融業務の効率化に向けた実証実験を開始

今後グルーヴノーツと西日本シティ銀行は、今回の実証を経て、同業務へのAI適用に向けた課題の洗い出し、導入を進めるともに、同行内の他の業務への検証を検討していく。

※ 機械学習・深層学習と量子コンピュータを活用して、未来予測から組合せ最適化まで支援するクラウドサービス。

Previous

KCCS、Sigfoxの位置情報サービス「Atlas WiFi」を提供開始

三菱電機、スマートビルの実現に向けてロボットのビル内縦横移動を支援するサービスを検証開始

Next