NTTコミュニケーションズと日建設計、AIによる画像解析でマーケティングへの活用が可能な写真撮影サービス「AIR FINDER」を開始

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、商業施設やイベント会場などに設置されたカメラを利用者が共用できるカメラシェアリングサービス「PaN」を2017年から提供している。「PaN」は、建物に据え付けられたカメラを使った自分では撮れないアングルからの自撮りや、背景を合成した自撮り、あるいはARによるキャラクターと一緒の自撮りなど、特別な撮影体験が可能だ。

その後、大型施設や公共空間のデザインを行う株式会社日建設計と共に2018年から検討を重ね、2019年9月には同社と共同事業契約を結び、都市空間での体験をより魅力的に切り取る写真撮影サービス「AIR FINDER」の開発を行ってきた。2019年12月5日から、「東急プラザ渋谷」の18階屋上広場に撮影スポットを設置し、同サービスの提供を開始する。

「AIR FINDER」は、商業施設などに設置した高画質の4Kカメラを、利用者が自分のスマートフォンから遠隔でシャッターを切って撮影することができるサービスだ。利用者は、スマートフォンのブラウザを使って、撮影だけでなく画像のダウンロードも行うことができる。

また、同サービスでは、個人情報に相当しない匿名の撮影データをAIが解析して、推定年齢や性別、グループの人数などの属性を取得することができる。撮影した時季や時間帯、その前後で開催されていたイベントの情報などのデータとかけ合わせて分析することで、マーケティングへの活用が可能だ。

さらに、決まった場所で撮影する、という同サービスの特徴を生かし、撮影する空間そのものを新しい広告媒体として活用することができる。イベントと連動したフレームや、広告を合成した背景を作ることができるほか、写真をダウンロードする際のWebページも広告やキャンペーンの告知に利用できる。また上述の画像解析と組み合わせ、イベントへの反響や空間デザインへの反応を測り、空間体験の価値向上につなげることもできる。

同サービスは、シャッターを切るための操作端末を屋外に設置する必要はなく、カメラを設置できる環境があれば、制約条件の多い屋上などの外部環境でも設備一式を容易に導入することができる。

今後、NTT Comと日建設計は、共同で「AIR FINDER」の販売を拡大するとした。

Previous

ライナフのスマートロック「NinjaLockM」、横浜市の「YOXO BOX」に導入

2019年11月版:産業別AIニュース一覧とカオスマップ

Next