総務省、900MHz帯を使用する新たな無線利用に関する調査を実施

総務省では、9月9日に公表した周波数再編アクションプラン(令和元年度改定版)で、「デジタル MCAシステムの高度 MCAシステムへの移行時期等について、令和元年度中を目途に検討を開始するとともに、デジタル MCAシステムの移行後の新たな無線システムの技術的条件等について、令和元年度中を目途に検討を開始する」と発表した。

これを踏まえ、総務省では、同検討に資することを目的として、12月6日から2020年1月15日の期間、対象周波数帯(845~860MHz及び928~940MHz)における新たな無線利用に係る調査を実施する。

同調査は、デジタルMCAシステムの移行期間中又は移行完了後(現時点で移行完了時期は未定)に、対象周波数帯(845~860MHz及び928~940MHz)の全部または一部の周波数を用いた、新たな無線利用を計画または想定している者を対象としている。

今後、同調査結果を踏まえて、新たな無線システムの技術的条件等の検討を実施する。

出典:総務省ホームページ

Previous

明治大学・群馬大学・JPRの「ホワイト物流を実現する業界横断型共同輸送マッチングサービス」、NEDO助成事業に採択

どんどん賢くなる、最新デジタルサイネージでできること

Next