インタービジネスブリッジ、3Dビジュアライザー「L3Dキューブ」Makuakeクラウドファンディングで成功

3Dプリンター・IoT商品・雑貨の輸入販売事業を手掛ける、インタービジネスブリッジ合同会社は、3Dビジュアライザー『L3Dキューブ』の先行販売を、クラウドファンディングにて開始した。(2月4日~3月30日まで)

L3D CUBEは、米Looking Glass社がKickstarterにおいて25万ドルを集め商品化した今注目の3Dビジュアライザー。3次元で光が踊り、音にも反応する面白機能満載 の光オブジェが、イベントや音楽シーン、空間コミュニケーションを新感覚に彩る。基本的な操作はスマホからでも可能。

日本仕様「L3D CUBE Mk-Ⅲ」として日本のクラウドファンディングMakuakeに登場した。現在、目標額の200%超えで先行販売継続中。今なら、まだ定価の30%OFFで購入可能だという。(3月30日まで)

0215l3d

 

特長

・3次元512個ものフルカラーLEDを搭載。自在に光プログラムの作成ができ、新しい表現方法を提供する。

・音に反応し、加速度センサー、WIFI機能も搭載。モーションセンサーやArduinoとも接続可能。インターラクティブかつ多彩な表現が可能な新感覚の光オブジェだ。

・グローバルプラットフォームCubeTubeで世界中のユーザーとデーターの共有ができ、また無料でダウンロードして自由に楽しむことも可能。

・テキスト表示などの簡単な機能やはスマホやPCからでも簡単操作が可能。

 

利用シーン

以下のようなユーザー様にお楽しみ頂けます。

・イルミネーションが大好きな方。

・プログラマーや電子工作が好きな方

・プログラマーになりたい方

・DJ & VJ

・メディアアーティスト新しいパフォーマンスの追求に

・音楽イベントやパーティーでのご利用

・ナイトバーなどのデコレーションとして

 

価格

日本のクラウドファンディングサイトMakuakeにて、¥42,500(定価の30%OFF)で販売。

 

【関連リンク】
Looking Glass
インタービジネスブリッジ(INTER BUSINESS BRIDGE)
Makuake 三次元IoTイルミネーション『L3Dキューブ』
CubeTube

Previous

NTT、シダックス、NTT ComとNTTソフトウェア、レーザガスセンシング技術とクラウド環境を利用した食材産地推定に関する共同実験を開始

経済産業省、「未踏会議2016」の講演者発表

Next