国土交通省、自動運転バスの実証実験を池袋で実施

国土交通省では、有識者からなる検討会を設置して、都市交通での自動運転技術の活用について検討を行っている。その中で、都心循環線など基幹的なバスに期待される自動運転技術の実現に向けて、自動運転技術の効果検証や導入上必要となる社会的環境整備についての検討を進めている。

今回、国立大学法人群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センターの協力により、自動運転機能が搭載された低速電動バス車両を用いた実証実験を池袋サンシャインシティで12月13日と14日に行う。

同実証実験は、多数の来街者や自動車交通がある池袋サンシャインシティ周囲の公道をフィールドに、自動運転バスの導入における都市部特有の課題や社会受容性などの検証を目的に実施される。

出典:国土交通省ホームページ

Previous

経産省、「AI・データの利用に関する契約ガイドライン 1.1版」公表

ソフトバンク、5Gプレサービスを高校バスケットボール大会で提供

Next