DeNA、AIを活用してタクシーの需要供給を予測し経路をナビゲーションする「お客様探索ナビ」を提供開始

株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)が提供する次世代タクシー配車アプリ「MOV」は、AIを活用してタクシーの需要供給予測を行い、乗務員に対して経路をナビゲーションする「お客様探索ナビ」の商用化を開始した。

お客様探索ナビは、運⾏中のタクシー⾞両から収集するプローブデータ(※)を解析し、カーナビゲーションのように乗務員をリアルタイムかつ個別に利用者が待つ通りまで誘導する。タクシーの乗務員は目的地を入力することなく、お客様探索ナビに従って走行することで、効率的に利用者を探すことができる。また、利用者はよりスピーディに街中でタクシーを捕まえることができる。

また、需要と供給を予測しナビゲーションするという、乗務員が普段使い慣れているUIに落とし込んだ点が最大の特長である。単にエリアの需要予測をするだけではなく、他のタクシーの供給量も加味しながら道路レベルで適切な経路を推薦することで、新人乗務員でも使いやすいシステムになっている。

今回の商用化にあたり、2018年11月から5回の実証実験を行い実用性の検証を実施してきた。サービスを実際に使用した乗務員からは、「実際に営業収入が上がり心強かった。実験後もナビに頼りたくなる」「提示ルートに納得感があり、収益性の高い典型的な営業ルートを再現できている」など、新人・ベテラン問わずに声が上がっている。

今回のサービス対象エリアは、神奈川県横浜市中区・西区・南区・神奈川区・保土ヶ谷区の5区で、今後データが集積し実用性が確立された地域などにも展開していく予定だ。

お客様探索ナビにより、乗務員は道に慣れない新人の方でもすぐに収益を上げることが期待され、歩合制でも安心して就労することができる。また、人手不足が喫緊の課題でもあるタクシー事業者としても、お客様探索ナビが収益性の向上をサポートすることで歩合制に対する不安を解消し、乗務員の新規採用への寄与が期待される。

※ ⾃動⾞が⾛⾏した位置や⾞速などの情報を⽤いて⽣成された道路交通情報。

Previous

トヨタとデンソー、次世代の車載半導体を開発する新会社「MIRISE Technologies」を設立

オムロンとスクウェア・エニックス、卓球ロボットを活用して「人のモチベーションを高めるAI」を共同研究

Next