ノキア、日本企業にローカル5G/プライベートLTEを提供すべく戦略的エコシステムパートナーシップを構築

日本では今年の年末までに、ローカル5G/プライベートLTEが制度化され、企業や地方自治体向けにローカル5Gの周波数帯域をリリースする。これにより、日本の企業や地方公共団体等が、ローカル5G/プライベートLTE技術を活用した次世代の産業用無線技術を導入することで、専用の信頼性の高いローカルネットワークを構築することが可能となる。

ノキアは、日本でローカル5G/プライベートLTEを日本の産業界や官公庁の顧客に提供すべく、戦略的パートナーシップのエコシステムを構築した。同社は、この新しい周波数帯域を活用し、パートナーとの協業により、エンドツーエンドの産業向けプライベートLTEポートフォリオを提供し、日本の産業向けIoTの促進に貢献する。

ノキアのローカル5G/プライベートLTEのポートフォリオは、信頼性が高く安全なブロードバンドワイヤレス接続を提供する。また、ノキアの産業用ソリューションは、インダストリー4.0への移行に合わせ、新しい領域やアプリケーションでの活用が可能なため、企業のビジネス領域をシームレスな拡張に貢献する。

今回パートナーシップを構築したのは、以下の5社だ。

  • 産業向けIoT:日鉄ソリューションズ
  • グローバルIoT:丸紅
  • フルMVNO:インターネットイニシアティブ
  • マルチクラウドおよびグローバルデータセンター:エクイニクス
  • 映像ソリューションを活用したスマート社会インフラ・スマートシティ:日立国際電気
Previous

住友化学、イスラエルのAI・臭覚IoT開発を行うNanoScentと戦略的資本業務提携

IDC、国内働き方改革の実施率は昨年から16.3ポイント伸長と発表

Next