KDDIとテレビ朝日、5G時代に向けて新たな動画配信サービスを展開する共同出資会社を設立

KDDI株式会社と株式会社テレビ朝日は、今後の5G普及による動画配信における事業環境の変化を好機と捉え、新たな動画配信サービスの展開を目的とした共同出資会社であるLDEX設立準備株式会社(以下、LDEX)を設立する。

まずは、KDDIが、LDEXを2019年12月11日に設立し、2020年3月2日を目途に、KDDIの動画配信事業のうち「ビデオパス」(定額型、および都度課金型動画配信サービス)の企画・運営に係わる事業を吸収分割してLDEXに継承させる。そして、2020年3月2日付(予定)で、KDDIとテレビ朝日はLDEXの株式の半数をKDDIからテレビ朝日へ譲渡し、両社でLDEXを共同運営する。

両社は、LDEXを通じて、KDDIの5Gをはじめとした先端テクノロジー、映像描画技術、顧客基盤、テレビ朝日の地上波番組を中心とした特徴ある動画コンテンツ、地上波放送の訴求力など融合し、サービスロイヤリティの高い、新しい映像視聴体験を提供する。また、通信・デジタル広告・先端技術を活用した新たなコンテンツの市場拡大にも取り組む。

なお、テレビ朝日は同取り組みにより、これまで手掛けていなかった定額型の動画配信サービス事業に本格的に参入する。

Previous

ニセコひらふエリアマネジメント・東急など、北海道ニセコエリアで電子地域通貨「NISEKO Pay」の実証実験を開始

富士通、5G向けの高速仮想スイッチを実現するPCサーバPRIMERGYの新モデルを販売開始

Next