STマイクロエレクトロニクス、8bitマイコン用開発ボードを提供開始

STマイクロエレクトロニクス(以下、ST)のSTM8マイコンは、高性能8bitプロセッサ、最大128KBのFlashメモリを含む大容量メモリ、STM32マイコン・ファミリと共通の最先端ペリフェラル(タイマ、アナログ・ペリフェラル、CAN2.0B、デジタル・インタフェースなど)を搭載し、スマート・センサやアクチュエータといった、消費電力やスペースおよびコストに制約のあるアプリケーションに使用されている。

今回、STは、STM8向けの新しい開発ボード「NUCLEO-8S207K8」を提供開始した。NUCLEO-8S207K8は、利便性の高いUSB接続で給電やデバッグができる。ST-LINKデバッガ / プログラマを搭載しており、外付けのデバッグ・プローブが不要な上、プログラムをドラッグ・アンド・ドロップでFlashメモリに簡単に書き込める。Arduino Nanoピンを備えており、一般的なシールドを使用して容易に機能を拡張でき、オープンソースを活用することもできる。

また、IAR Embedded Workbench for STM8やCosmic CXSTM8などの開発環境ツールチェーンに対応している。さらに、32ピンのSTM8S207K8マイコンを搭載しており、12本の高電流出力ポートや、複数のキャプチャ・コンペア・チャネルなどを提供する。

NUCLEO-8S207K8の価格は約10.32ドルで、販売代理店またはSTで購入可能だ。

Previous

ソニー、トリプルキャリアに対応したIoT向けデータSIMを提供開始

NEC、複数台・複数タイプの自律移動ロボットを集中的に制御可能なソフトウェアを販売開始

Next