ソフトバンク、子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマートフォンで確認できる「どこかなGPS」を発売

ソフトバンク株式会社は、子どもの見守りや大切な物の位置検索ができる「どこかなGPS」(ZTE製)を、2020年2月下旬以降に発売する。どこかなGPSは、本体と2年間の通信料金をセットにして販売する予定で、ソフトバンク利用者以外でも使用できる。

どこかなGPSは、衛星測位システムの信号を受信する機能(GPS機能)を搭載した正方形の小型デバイスで、スマートフォンの専用アプリを通して離れた場所から位置を検索できる。本体は約4.7センチメートル四方の薄型軽量なデザインになっており、かばんなどに入れてもかさばらないのが特徴だ。ソフトバンク、子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマートフォンで確認できる「どこかなGPS」を発売

また、防水(IPX7)と防じん(IP6X)※に対応しており、例えば一人で通学する子どものランドセルのポケットなどに入れておくことで、保護者はいつでも子どもの位置情報を把握することができる。

さらに、GPSに加えてGLONASSや準天頂衛星「みちびき」に対応している。Wi-Fiや携帯電話基地局を組み合わせて利用することで、測位が可能だ。どこかなGPSの中央のボタンを押すと、その時点の位置情報がスマートフォンに通知される。

その他、どこにいるかがその場ですぐに検索できる機能「いまどこ検索」や、あらかじめ指定したエリアから出入りしたことを通知する機能「ついたよ通知(GPS)」、3分間隔などで自動的に測位をしたり、3日分の移動履歴を残したりなど、保護者が安心して子どもの見守りができる機能などがある。

Previous

ソフトバンクと東京工業大学、モバイルネットワークを利用して遠隔地から手動で操縦可能な 「ケータイドローン飛行制御システム」を開発

NVIDIA、自動運転車両向けディープニューラルネットワークへのアクセスを運輸業界に向けて提供

Next