ZEG、エアロセンスと協業しドローンを活用したデータ収集サービスを全国展開

株式会社ZMPと株式会社ハーツユナイテッドグループとの合弁会社である株式会社ZEGは、エアロセンス株式会社と協業し、平成28年3月よりドローンを活用したデータ収集サービスの全国展開を開始いたと発表した。

ZEGは、自動車業界における自動運転技術の進展等を背景としたソフトウェアの高度化、複雑化の時代を見据え、それら自動車社会の創造及び発展に貢献するため、平成27年1月に、自動車業界向けのデバッグ及びデータ収集等実験代行に関する事業を行うことを目的に、ZMP及びハーツユナイテッドグループの合弁会社として設立した。その後、ZEGでは、大手自動車メーカーや大手半導体メーカー等との取引実績を着実に積み、厳格なセキュリティのもと全国各地で対応が可能な豊富な人材とその柔軟なオペレーション体制を築いた。

一方、エアロセンスは自社製の自律型無人航空機(UAV)を開発し、建築・土木・農業等の分野において、自動飛行、撮影、計測、データ解析、クラウドサービスまでカスタマイズしたトータルソリューションを提供している。

両社が協業することで、ZEGのデータ収集ノウハウ及び人材ネットワークとエアロセンスの自律型無人航空機、ドローンを活用したデータ収集事業の全国展開をすることとなった。

 

【関連リンク】
ゼットエムピー(ZMP)
ハーツユナイテッドグループ(HUG)
ZEG
エアロセンス(Aerosense)

Previous

NXP、IoT向けにシングルチップ・システム・モジュールをリリース

ソニー・グローバルエデュケーション、ロボット・プログラミング教育分野へ新商品コンセプトによる教育キット「KOOV(クーブ)」を発表

Next