エル・ティー・エスとイオトイジャパンが業務提携、企業に向けてIoTのビジネス化を支援

昨今のビジネスは、環境の変化がめまぐるしく、企業は市場の変化や顧客の期待に素早く適応していくことが重要になっている。このような中、株式会社エル・ティー・エス(以下、LTS)は、株式会社イオトイジャパンと業務提携を開始した。

LTSは、企業変革・働き方改革・デジタルシフトを支援し、戦略から実行支援までのコンサルティングサービスを提供している。一方、イオトイジャパンは、IoTビジネスを実現したい「製品・サービス開発企業」とIoT初期検討に必要な「技術・ソリューション提供会社」をつなぐオープンイノベーションの場の提供を目的に2017年に設立され、事業領域は製造、流通、交通、医療など多岐にわたる。

今回、両者の業務提携により、ビジネスコンサルティングとオープンイノベーションのサービスと機会を組み合わせることで、双方の顧客や今後の潜在的なテクノロジー活用企業に向けて、より幅広い事業分野のサービス提供が可能になる。

Previous

デンソーウェーブが注力する、ロボットを簡単に動かす技術 ―2019国際ロボット展レポート2

経産省、異なる産業分野のIoTシステム間で相互情報連携を行う提案が国際標準化へ

Next