Will Smart、画像認識技術を活用した課題解決型AIソリューションをリリース

近年、さまざまな業種において人手不足などのビジネス課題が深刻化しており、有効な解決策を見出せないとの相談が増加している。それらを解決するため、IoT関連の技術群を活用したソリューションを提供する株式会社Will Smartでは、AIによる画像認識技術を活用し、公共交通機関などで自動化・省人化に向けた実証実験を行ってきた。

そして今般、Will Smartは「課題解決型AIソリューション」のサービス提供を開始し、その第1弾として「画像認識技術を活用したAIソリューション」をリリースする。課題解決型AIソリューションは、顧客に合わせた課題解決のアイディア創出に加え、ハードウェア製造からソフトウェア開発まで提供できるトータルサービスである。主な特長は以下の通り。

  1. 導入環境に適したハードウェア・ソフトウェアの提供
  2. 国内外の提供ベンダーとネットワークを構築しているため、顧客の求める機能を備えたハードウェアの調達、ソフトウェアの開発が可能だという。また、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、多様なAIソリューションの提供を行う。加えて、顧客の求める機能に合わせたソリューションや状況に応じた価格を提案する。

  3. 課題解決のご提案から導入後の運用まで一連の業務をサポート
  4. 様々な事業者と課題解決を行ってきた経験を踏まえ、要件定義からハードウェア・ソフトウェアの提案、システム導入までの一連の業務をサポートする。また、導入後も安心して利用できるようサポートも行っている。

画像解析を用いることで、利用客の数量や属性の分析や施設内での危険行動を検知、工場での不良品の検知での活用が期待できる。 具体的には、公共交通機関の場合は利用者数を計測して、ダイヤ改正や係員の配置の検討に活かすことができるほか、商業施設では来店客の属性(年代や性別)を計測してテナント誘致などマーケティング施策に活用したり、小売店では来店客の店内行動を計測することで、店舗設計や棚割りでの活用が期待される。

今後は、それぞれの業種、企業が抱えるビジネス課題の解決を図る課題解決型AIソリューションの第2弾をリリース予定である。

Previous

ユビキタスAIコーポレーションと長久手市、スマートメーターの電力使用量データを活用した高齢者見守りシステムの運用実験を実施

2020年 IoT/AI関連展示会・イベント一覧

Next