神戸デジタル・ラボ、Momoの農業IoTキットを活用したシステム開発を開始

昨今、農業IoTが注目を集めている。様々なデータにより、畑や菜園、田畑などの圃場を見える化することで、農法や作業を効率化・改善に貢献するが、サーバにデータを送り保存する農業IoTデバイスは廉価化が進んでおらず、現状は一般農家に普及しているとは言い難い。

このような中、株式会社神戸デジタル・ラボ(以下、KDL)は、株式会社Momoが提供する農業向けIoTキット「Agri Palette(アグリパレット)」を使用したシステム・WEB開発の提供を開始した。

Agri Paletteとは、土壌(土壌水分量・土壌温度・土壌EC・土壌Ph)と空気(気温・湿度・二酸化炭素濃度)と日照量の8つのデータをセンサから取得してゲートウェイを通してデータベースに記録し、アプリで可視化するセンサーシステムだ。

これまでMomoが農業法人に提供してきたハードウェア/データハブのプラットフォームを、サードパーティ開発企業向けに開放している。データ連携技術により同一ハードウェアでパートナー企業が自社サービスを開発・展開することができる。これにより、農家や農業法人は、1組のデバイスを購入するだけで複数のアプリケーションで利用できる。

肥料メーカーによる土壌センサのデータを活用した施肥の最適化サービス、食品・飲料メーカーや小売企業の自社農園管理業務システムへのセンサの連携による業務効率化など、これまで1社では開発しきれなかった様々なユースケースでの活用が想定されている。

また、AgVenture LabやKDDIムゲンラボの支援の下、ハードウェア構成を極限まで削ぎ落とし必要な機能のみを残すことで、一般の農家でも活用できるよう低価格化を実現した。

Previous

富士ゼロックスが社名変更、AI・IoTなどを活用したソリューション・サービス事業を強化

矢野経済研究所、XR360°動画市場は5Gの普及と共に拡大し2025年に1兆1,952億円と予想

Next