矢野経済研究所、2018年3Dプリンタ材料の世界市場規模は前年比26.9%増と推計

株式会社矢野経済研究所は、3Dプリンタ材料の世界市場を調査し、調査結果を発表した。

3Dプリンタでは、それぞれの方式別に様々な材料が開発・実用化されており、主な材料は樹脂や熱可塑性エラストマー(以下、TPE)、金属、セラミックス、ワックス、石膏などだ。また、副材料として結合剤噴射(以下、BJ)法で用いるバインダーをはじめ強化材、導電材、着色剤などの各種添加剤が用いられる。

同調査における3Dプリンタ材料市場とは、材料押出(以下、ME)、粉末床溶融結合(以下、PBF)、液槽光重合(以下、VP)、材料噴射(以下、MJ)の4つの方式で使用される樹脂、TPE、金属を対象として、市場規模を算出している。但し、材料噴射法では光硬化樹脂のみだ。

同社は、2018年の3Dプリンタ材料の世界市場規模(エンドユーザー購入金額ベース)を前年比126.9%の1,813億44百万円と推計した。3Dプリンタ材料市場は海外を中心に、以下の要因から大きく伸長している。

  • 造形方法における技術革新(スピードや強度等)の進展
  • 3Dプリンタ材料の多様化・高機能化
  • 造形品の試作品から最終製品へのさらなる適用拡大

2015年以降、造形スピードや造形品の強度向上などを実現する新たな造形方法が開発され、3Dプリンタ市場に参入する企業が増えている。

樹脂材料を用いる3Dプリンタは、2Dプリンタ事業を行ってきたHPをはじめ、Markforged、Carbon、Formlabsなど米国発のメーカーが多い。一方で、金属材料を使用する3Dプリンタの造形方法は、PBF法からME法やBJ法へ広がりつつある。BJ法では、Desktop Metal、HP、GE Additive、Stratasysなどのメーカーが市場への参入を計画している。

矢野経済研究所の調査によると、2018年から2023年までの年平均成長率は21.2%で、2023年の3Dプリンタ材料の世界市場規模(エンドユーザー購入金額ベース)は4,750億67百万円になると予測している。

以下は、造形方法別の3Dプリンタ材料市場の動向だ。

  • ME法向け材料市場
    装置と材料の進化により用途・エンドユーザーのさらなる拡大が期待され、フィラメント(紐状材料)の市場規模は今後も高成長が続くと予測した。
  • PBF法向け材料市場
    各社が立ち上げた材料開発を目的とするオープンプラットフォームで使用できる樹脂粉末が多様化することで、最終製品での需要が増えると想定される。一方で、装置メーカーの動きによって造形方式間の競争が激しさを増し、PBF装置向けの金属粉末の市場規模は2020年以降に成長率が鈍化すると予測した。
  • VP法向け材料市場
    低価格帯装置の普及や材料専業メーカーを中心とする共同開発プラットフォームの立ち上がりなどにより、今後も試作品への適用、および最終部品の新たな用途の創出が期待できる。
  • MJ法向け材料市場
    治工具向け用途などはME装置+フィラメントなどとの競合が生じつつあるが、カラーが求められるデザインモデル向けの需要は底堅く推移していく。また、金型や医療分野向けが需要を下支えしていくとみられる。

今後も造形方法の技術革新と材料の多様化・高機能化により、3Dプリンタでの造形品は最終製品への適用が広がり、製造業にとってもその位置づけは工作機械に近づいていくが、工作機械を置き換える存在とはなりにくい。これは、試作品や治工具、あるいは少量多品種品、カスタマイズ品を造形する際にこそ、3Dプリンタは大きなベネフィットをもたらすからだ。

そのため、自動車(普及車)の量産部品などとは異なる、よりニッチな市場を対象とした3Dプリンタならではの継続的な用途開拓が必須となる見込みだと、矢野経済研究所は発表した。

以下、同調査の要綱である。
調査期間: 2019年6月~11月
調査対象: 3Dプリンタ関連企業(装置メーカー、材料メーカー)等
調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、ならびに文献調査併用

出典:矢野経済研究所ホームページ

Previous

GMOインターネットグループ、自社オフィスをローカル5G環境に

NTTドコモ、AIによる電話応対業務の自動化に向けて連携協定を締結

Next