SBドライブ、自動運転バスの普及に向けて全天候型の自動運転バス「GACHA」を開発したSensible 4と協業

SBドライブ株式会社は、全天候型の自動運転バス「GACHA(ガチャ)」を開発したフィンランドのSensible 4 Oyとの協業を発表した。GACHAは、センサーを活用して自車位置の高精度な推定と障害物を検知し、大雨や雪、霧が発生している場合などあらゆる天候の際も、あらかじめ設定したルートを自動走行することができる。

両社は、ヨーロッパと日本で自動運転バスを普及させることを目的に、まずSBドライブの自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」と連携させたGACHAを、フィンランドの公道で運行させる予定だ。

SBドライブのDispatcherは、複数の自動運転車両の運行を遠隔地から同時に管理・監視できるプラットフォームだ。車内での転倒事故につながりやすい、乗客の着座前発進や走行中の車内移動などをAIで検知して、遠隔監視者や乗客に注意喚起を行う。また、それらの事象が過去に発生した箇所や回数を地図上で確認して運行ルートや車両設定の改善に利用できる機能や、出発地と目的地を指定して遠隔地から車両に走行指示を出す機能などを有している。

両社は、Dispatcherと連携したGACHAの運行実験を行う他、自動運転バスの運行オペレーションの確立に向けて自動車メーカーとの提携を検討しているとした。

Previous

BlackBerry、自動車の健康状態とセキュリティ体制を把握するAIベースの車載ソリューションを発表

ダイキン、BIM対応を強化した3次元設備CAD「FILDER CeeD」発売

Next