日本コンピュータビジョン、顔認証と属性分析を行うソフトウェア開発キットを提供開始

ソフトバンク株式会社の子会社で、画像認識ソリューションの開発および提供を行う日本コンピュータビジョン株式会社(以下、JCV)は、同社の顔認証技術を顧客の既存の人事・入退館管理などのシステムやアプリケーションに簡単に実装できる「JCV顔認証ソフトウェア開発キット」シリーズとして、「JCV顔認証SDK」と「JCV属性分析SDK」の2サービスを1月31日から提供開始する。

技術パートナーである香港のSenseTime Group Limitedが提供する高速かつ高精度な顔認証アルゴリズムを搭載した「JCV顔認証SDK」は、顧客の既存のシステムやアプリケーションにJCVの顔認証機能を実装できる。多人数での1:N認証が可能であり、99%以上の高い認証精度を誇る。顧客独自開発に比べて開発工数やコストを減らし、それぞれのビジネスニーズや利用環境に合わせた顔認証ソリューションの開発・展開ができる。

「JCV顔認証SDK」は、ホテルや銀行での本人確認や、自宅やロッカーの顔認証ロック、顔認証アクセスなど、さまざまなシーンでの活用が見込まれている。主な機能は以下の通り。

  • 顔情報の検出、トラッキング、特徴点抽出
  • 顔情報クオリティチェック
  • 生体検知(なりすまし防止)
  • 1:1顔認証、1:N顔認証

日本コンピュータビジョン、顔認証と属性分析を行うソフトウェア開発キットを提供開始

「JCV属性分析SDK」は、汎用的なカメラの映像から、来店客の顔や身体の特長から属性を推測できる開発キットだ。顧客の既存環境でアプリケーション開発ができる。性別、年齢、表情だけでなく、服装、視聴時間、滞留時間、訪問回数など、マーケティングに有効なさまざまなデータを可視化する。

さまざまな分析情報により、全体統計(年齢・性別分布、訪問者数・回数・時間帯別分布など)、個人統計(訪問回数、視聴時間、リピーター顧客認識など)の取得が可能だ。

顧客の理解をより深めることで、顧客一人ひとりにパーソナライズされたサービスの提供を実現するとともに、デジタル化された属性や分析データにより、小売店舗での戦略的な販促計画立案や、最適なレイアウト、品揃え、効率的なイベント・キャンペーン運用などに役立てることができる。

Previous

デロイト、第四次産業革命に関して日本企業は事業機会と捉える戦略視点が弱いと発表

ドコモ・NTT Com・サッポロ不動産、遠隔運転車両SC-1に動画広告を5Gで配信する実証実験を実施

Next