イッツコムとコネクティッド・デザイン、IoTサービス「インテリジェントホーム」の全国展開

イッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下イッツコム)と、Connected Design(コネクティッド・デザイン)株式会社は、イッツコムが2015年2月より提供しているスマートフォンやタブレットを使って、家の中を自由にコントロールできるスマートホームサービス「インテリジェントホーム」の提供及び、「インテリジェントホーム」を取り扱う上で必要となる機器の卸販売に関して、全国5つのケーブルテレビ事業者と、基本合意したことを発表した。

「インテリジェントホーム」は、対象物件に設置したIPカメラ、スマートロック、センサー、家電コントローラーなどのデバイス(機器)一式を、インターネット回線を経由し、専用アプリケーションを利用して顧客の端末から遠隔でコントロールできるホーム・コントロールおよびホーム・モニタリング型サービスだ。

イッツコムは、「インテリジェントホーム」の基本サービスを委託販売の方式により各ケーブルテレビ事業者に提供し、イッツコムの子会社でありIoTを活用したスマートライフ事業に関する新会社Connected Designは「インテリジェントホーム」に接続する各種デバイスの販売をする。(※)

今回、基本合意した各ケーブルテレビ事業者は、各社の事業エリア内の顧客に対して、4月以降順次「インテリジェントホーム」のサービス提供を開始し、顧客満足度の向上を目指すとともに、地域に根ざしたスマートホームサービスを積極的に展開する事となる。

イッツコムとConnected Designの役割

・インテリジェントホーム基本サービスの営業に関する業務を委託
・各種デバイス類の調達、開発、販売
・同サービスに必要なサーバ等の設備管理

 

ケーブルテレビ事業者の役割

・営業受託するインテリジェントホーム基本サービスの取次販売ならびに顧客サポート
・機器の仕入、機器の管理、販売、設置・撤去に関する工事、サポート、料金等の請求および顧客対応業務

 

基本合意したケーブルテレビ事業者

・旭川ケーブルテレビ株式会社
・株式会社ベイ・コミュニケーションズ
・株式会社ふれあいチャンネル
・株式会社ひろしまケーブルテレビ
・沖縄ケーブルネットワーク株式会社

 

今回、基本合意したケーブルテレビ事業者以外の局についても、「インテリジェントホーム」のサービス実施に向けた提案を行っており、順次提供エリアを拡大して行く予定(2016年中に約30局でサービス開始が予定されている)。また、ケーブルテレビ事業者が無い地域等に関しましては、イッツコムまたは、パートナー企業と提携しサービス提供していく予定だという。

 

※一部の局は除く。

 

【関連リンク】
イッツコム(iTSCOM)
コネクティッド・デザイン(Connected Design)
旭川ケーブルテレビ(ASAHIKAWA CA-TV)
ベイ・コミュニケーションズ(Baycom)
ふれあいチャンネル(Fureai Channel)
ひろしまケーブルテレビ(HICAT)
沖縄ケーブルネットワーク(OCN)

Previous

ドコモ・ヘルスケア、リストバンド型活動量計の新製品「ムーヴバンド3」を発売

NEC、NTT、NTTコム、富士通、日立、世界初の広域ネットワークで安定した通信環境を提供する SDNの基盤技術を確立・検証を発表

Next