NICTとSAP、AI翻訳システムの高精度化・多言語化による機械翻訳を共同研究

昨今、経済のグローバル化の急進やテクノロジーの急速な革新により、ビジネス向けソフトウェアの多言語化ニーズが増している。ソフトウェアの開発者や利用者がソフトウェアに関する最新情報を正確に効率的に入手するために、高精度の機械翻訳が、これまで以上に求められている。

国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)では、観光や生活に特化した音声翻訳、特許や製薬に特化したテキスト翻訳で高精度なAI翻訳を実現してきた。AI翻訳とは、AI技術で多用される深い階層構造を持つニューラルネットワークを用いた自動翻訳技術のことだ。

また、AI翻訳の精度向上には、アルゴリズムの改良に加えて、対訳データの質と量の影響も大きく、高品質な対訳データの大量確保が重要となる。そのため、NICTは総務省と共に、対訳データを集積する「翻訳バンク」を運用して、日本語の翻訳技術の多分野化・高精度化に取り組んでいる。

一方、SAP SEは、あらゆる業種とあらゆる規模の企業向けにビジネスアプリケーションを提供し、世界180か国以上に約43万7,000社の顧客を擁して、約80言語を対象にした翻訳サービスの提供を念頭に研究開発を推進してきた。

このような中、NICTとSAPは、互いの自動翻訳のリソースや技術を持ち寄り、企業の業務効率化ソフトウェア専用のAI翻訳システムの高精度化・多言語化を進め、国内外企業の業務効率化に役立つ翻訳サービスを、2022年末までの期間で、共同研究を実施する。

Previous

YE DIGITAL、IoT/M2M通信機器「MMLink シリーズ」にLPWA・Wi-Fi対応の新たな製品をラインアップ

日本IBMとイッツコム、IBM Watson活用のAIオペレーター支援システムを導入

Next