MKI、AIが自動でタグ付けを行う「AI Auto-Tagging for Box」を開発

近年、スマートフォンの普及や通信速度の向上、ビジネスのデジタル化の流れの中で企業のデジタルコンテンツ、特に画像や動画の業務活用が急増している。これに伴い、デジタルコンテンツの管理負担も増加している。

デジタルコンテンツは気軽に記録として残せる一方で、毎日のようにファイル数が増え、企業の資産として活用するには画像ファイルへのタグ付け作業が必要だ。しかし、人が目視で行うには手間がかかる上に基準の属人化や正確性の欠如などの問題が発生し、デジタル資産の活用や生産性向上の足枷となっていた。

そこで、三井情報株式会社(以下、MKI)は、Box Inc.が提供するクラウド・コンテンツ・マネジメント・プラットフォームの「Box」上にアップロードしたデジタルコンテンツに、MKIのAIエンジンを使用して自動でタグ付けを行う「AI Auto-Tagging for Box」を、Box Skills Kitと連携したサービスとして提供開始した。

大量のデジタルコンテンツから目的のファイルを検索するのに役立つタグ付け作業を、AIが行う。これにより、Box内のデジタルコンテンツの利活用を促進し、顧客のデジタルトランスフォーメーションの加速を支援する。

同機能は、Box上で決められたフォルダにデジタルコンテンツをアップロードするだけで、AIが自動でタグ付けを行う。決められたフォルダ以外に保存したデジタルコンテンツでも、Boxにある特定のフォルダやファイル上でAI処理を指示すればタグ付けが可能だ。

利用するAIエンジンはMKIが独自開発したもので、過去には株式会社 ポケモンとの共同検証を行い、様々なポケモンキャラクターを区別してタグ付けを行った。またMKIのAIエンジン以外にMicrosoftが提供するCognitive Servicesとの連携が可能で、デジタルコンテンツ以外に、言語、音声、Web検索や意思決定に関わる内容に関しても、AIエンジンを利用した様々な判断ができる。

Previous

エフセキュア、IoT関連セキュリティテストプラットフォームの「USB Armory Mk II」発売

小田急電鉄、AIによる踏切異常状態検知に関する実証実験を開始

Next