アルテック、複数メーカーの自律走行型車両の集中管理・運行を実現

近年、少子高齢化に伴う労働人口の減少による人手不足が深刻化している。この社会的課題解決に向けて、アルテック株式会社では、自律走行型搬送ロボットの取り扱いに注力してきた。

複雑化する顧客ニーズに対応するため、自律走行フォーク型搬送ロボットの取り扱いと共に、自律走行ナビゲーションシステム「ANT」の取り扱いも開始して、単に自律走行型車両にするだけではなく、スケジューリング、運行制御、バッテリ充電管理、ジョブシミュレーション、外部機器へのインタフェース等のジョブ管理機能を備えたトータルソリューションを提案している。

ANTは、BlueBotics製の自律走行ナビゲーションシステムだ。特徴は以下の通り。

  • 顧客が使用するAGVやモバイルロボットを自律走行型システムに変更
  • 誘導線、マグネット軌道、三角測量用リフレクタが不要
  • セーフティレーザースキャナの活用で障害物を探知し回避
  • 1度搬送コースを走行すると記憶する学習能力
  • ANTを搭載した車両の最適制御
  • 車両の位置確認
  • ANT Serverによるフリートマネジメント

今回、同社は、複数メーカーの自律走行型車両を、ANTを活用して集中管理し運行することに成功したと発表した。

Previous

JVCケンウッド・ゼンリン・ゼンリンデータコム、業務用車両向け次世代テレマティクスサービスの提供で業務協働

クラスメソッドとオカムラ、ウォークスルー決済店舗用什器「センサーゴンドラ」を共同開発

Next