LIXIL、中古住宅をIoT搭載してリフォームした「福島実証棟」を開設

株式会社LIXILは、安心して長く住み続けられるリノベーション住宅の普及促進に向けて、田村産業株式会社と協働で、最先端リノベーション住宅「福島実証棟」を2020年2月に開設した。

同施設は、築26年の中古戸建て住宅を共働き若年世帯をターゲットとして想定してリノベーションしている。最新のIoT技術を採用し、新開発の断熱改修工法「SW工法リフォーム」を用いて、一般的な新築住宅以上の断熱性能を実現した。また、断熱性能だけではなく、「耐震」性能を向上させるリフォームも施している。

具体的には、以下の3つのリフォームを行っている。

  • IoT技術で「家事の時短」
    家電や建材など生活のあらゆるものがIoT技術でトータルにつながるIoT ホーム Link「Life Assist」を搭載して、毎日の家事の負担を軽減する。スマートスピーカーによる音声操作、見守り・防犯、シーンに合わせた照明の色・明るさの自動制御などが可能だ。
  • 「SW工法リフォーム」で高い断熱性能を実現
    新開発の断熱改修工法「SW工法リフォーム」を採用し、一般的な新築住宅以上の高い断熱性能を実現した。既存住宅の外側に高性能な付加断熱パネルと金属サイディングを取り付け、天井・床断熱、換気、開口部の改修も合わせて行い、室内温度差の少ない健康で快適な暮らしを提案する。
  • 万が一に備え、安心・安全な住宅へ
    耐震リフォーム工法「アラテクト」を活用した耐震補強、軽量で建物への負担が少ない天然石付き鋼板屋根材「T ルーフ」への葺替え、防災備蓄食材を収納したパントリーを設けるなど、安心・安全な住まいだ。

同物件は、約1年間モデルハウスとして公開し、ノウハウの提供や地域の情報発信として活用する。また、室内の温熱環境などの検証も同時に行い、安心して長く住み続けられるストック住宅の普及促進に向けて貢献するとした。

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

ISID・オカムラなど、AIを活用してオフィス環境改善による座りすぎ解消効果を確認

Braveridge、Bluetooth5.0対応のIoTデバイス向け無線通信モジュールを発表

Next