商船三井、東京計器と共に新型オートパイロット航路制御機能“ACE” 実船試験にて約1.5%の省エネ効果を確認

株式会社商船三井は、東京計器株式会社と共に、東京計器製オートパイロット航路制御機能“ACE(Advanced Control for Ecology)”の、実船での性能検証試験を実施した。

“ACE”は船の針路の方位を設定することで、風潮等の外乱影響を推定し、航路離脱距離を最小化すべく舵を最適に制御する。これにより、従来の制御方法と比べ、航路離脱距離や変針回数の低減が見込め、省エネ運航を実現する。

商船三井では、運航船から得られるビッグデータを船内で一元的に収集し、安全運航支援、環境負荷低減、効率運航等に役立てるべく、総合船舶運航支援ネットワークの構築を目指している。
今回の検証試験では、このビッグデータ活用の一環として、運航船に搭載している“Fleet Monitor”(※)から得られるデータを解析し、約1.5%の省エネ効果を確認。

商船三井グループは、環境負荷低減、安全運航に寄与する技術の開発および導入に今後も積極的に取り組み、安全、安心な輸送サービスを提供していく。

 

(※)三井造船株式会社が開発した船舶運航モニタリングシステム。船陸間のインターネットを介して、船内と陸上オフィスで就航船の運航情報を共有しながら、運航管理を行う船陸統合型の情報インフラシステムであり、船舶で収集した実際の運航情報を、船内と陸上オフィスでリアルタイムに共有することで船舶の安全運航支援を可能としている。

 

【関連リンク】
商船三井(MOL)
東京計器(TOKYO KEIKI)
三井造船(MES)

Previous

ニフティ、「NifMo法人サービス」でM2M/IoTでの利用に適した「スタートプラン」と「1.1GBプラン」の提供を開始

TIS、AIビジネスのスタートアップ企業「株式会社エルブズ」にシードマネーを出資。AI関連ビジネスの拡大を目指す

Next