NEC、AI活用の需要予測型自動発注システムを提供開始

近年、小売業界では、人手不足に対応した働き方改革、食品ロスの削減などの課題に直面しており、ICTを活用した業務変革が求められている。そこで、日本電気株式会社(以下、NEC)は、小売業界向けにAI需要予測システム「DCMSTORE-DF」と、それを用いた需要予測型自動発注システム「DCMSTORE-EOB」を開発し、この2つの課題の解決に取り組む。

同システムは、NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つである「異種混合学習」を活用しており、天候や曜日、過去実績などのデータを元に客数と販売数を予測する。牛乳や練り物など日持ちのしない日配品を対象に販売数を予測して、適正量を自動発注することで、発注業務の効率化・標準化を実現し、ロスや欠品防止に貢献する。

今回活用するNECの「異種混合学習」は、多種多様なデータから複数の規則性を自動で発見し、その規則に基づいて状況に応じた最適な予測を行う。店舗ごと、商品ごとに規則性を自動で検出して予測することで、きめ細かく精度の高い自動発注ができる。また、同システムは予測結果の根拠まで説明できるホワイトボックス型AIであり、予測の理由が分かることで、予測の納得感が増し、問題発生時の原因解明にも貢献する。

同システムの導入に先立ち、株式会社リオン・ドール コーポレーションでは、複数店舗で予測モデルを用いた3か月間のシミュレーションを実施し、人手による発注実績と比較した結果、対象製品の欠品日数6.5%改善、ロス金額25~40%低減を確認している。そして、同社が福島県を中心に展開するスーパーマーケットに同システムを導入し、千石店で今月より稼働開始した。今後各店舗に順次展開予定である。

Previous

変種変量生産を同一ラインで実現 段取り替えの時間を短縮する  ―スマート工場EXPOレポート

NECと六本木商店街振興組合、AI搭載の「スマート街路灯」を六本木に設置

Next