フジタとセンシンロボティクス、「SENSYN DRONE HUB」を活用した安全巡視・土木測量の機能検証を実施

設備点検・災害対策・警備監視の領域を中心にドローンによる業務の完全自動化を目指す株式会社センシンロボティクスが、株式会社フジタの建設現場において、「SENSYN DRONE HUB」を活用した安全巡視・土木測量の機能検証を実施した。

本実証実験は、福井県敦賀市の北陸新幹線車両基地工事現場にて実施され、「SENSYN DRONE HUB」が、建設現場でのドローン運用に必要な要件を満たせるか、安全巡視・土木測量の分野で機能検証を行ったということだ。

フジタとセンシンロボティクス、「SENSYN DRONE HUB」を活用した安全巡視・土木測量の機能検証を実施
作業現場にて要救助者が確認できるかを検証。 倒れている人が認識できる映像品質を持ち合わせていることを確認。

安全巡視としては、遠隔拠点から建設現場の様子をリアルタイムに把握できるのかどうかを検証した。また、土木測量としては、ドローン飛行によるデータの取得からクラウド環境への格納までの一連の動作を自動化できるかについて検証したということだ。

フジタとセンシンロボティクス、「SENSYN DRONE HUB」を活用した安全巡視・土木測量の機能検証を実施
取得したデータを元に作成した画像。このデータを元に面積及び距離などを計測する。

これらが実現されることで、業務効率化と高度化がすすみ、人手不足解消や安全確保に貢献することができるということだ。

Previous

IoT人気記事ランキング|ソラコムの通信するエッジAIカメラなど[2/17-2/23]

SB C&Sとホロラボ、3DCADやBIMのデータをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」のHoloLens 2対応版を発売

Next