CTC・ウイングアーク1st・グリッド、AIの精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールを提供開始

昨今、AIの活用を進めている企業は実用の段階に入っている。しかし、業務データや環境などの導入後の変化で、AIの解析精度が低下するケースもあり、AIを効果的に活用していくためには性能監視や再学習といったAIの維持管理が必要だ。

そこで、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下、CTC)と、ウイングアーク1st株式会社、株式会社グリッドの3社は、グリッドのAI開発プラットフォーム「ReNom」上で開発したAIに関して、精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールの提供を本日から開始した。

今回提供開始した維持管理ツールは、ReNom上で開発し稼働するAIについて、実行結果や解析精度をモニタリングして、スコアリングや再学習の推奨を通してAIの結果の可視化や維持管理を効率化する。精度低下の要因となったデータの選出や、インフラと連携して再学習に必要なコンピュータリソースも用意することができ、企業は、精度を保ちながらAIを継続的に活用することができる。

データの前処理から解析を中心とする機能を備えているReNomに加え、AIの可視化を行うダッシュボードツールとして、ウイングアーク1stのBIダッシュボードツール「MotionBoard」を活用している。また、CTCは、インフラ環境としてAIハイブリッドクラウド「CTC Integrated AI Platform Stack(CINAPS)」を提供し、設定や顧客の既存システムとの連携など、システムインテグレーションを担う。

提供にあたっては、製造現場で完成品の品質チェックを行う画像解析AIに、可視化テンプレートやモニタリングの仕組みも開発し、複数の生産ラインでAIを多用するケースでも早期な環境の構築ができる。

同ツールは、まずは製造業を中心にReNomやインフラ環境を含めて展開し、今後、3社が協業を強化し、流通やライフサイエンスなどの製造業以外への展開も行うとした。

Previous

Osaka Metroと住友商事、鉄道トンネル内5G基地局シェアリングの実証実験を実施

IDC、国内ユーザー企業のAI活用は限定的導入/標準基盤化に留まっていると発表

Next