日立ソリューションズ・テクノロジーがMESソリューション「VCIM-PA」を機能強化、PLCとデータベースを拡充

昨今、製造現場では、さまざまな作業データの収集、一括管理を行い、製造現場のデジタライゼーションが進んでいる。そこで、株式会社日立ソリューションズ・テクノロジーは、製造現場の見える化と製品トレーサビリティの確保を実現する、加工組立ライン向けMESソリューション「VCIM-PA」の機能を強化して本日発売した。

VCIM-PAでは、以下の機能強化を行っている。

  1. 通信規格の拡充(PLC通信ドライバ)
    三菱電機製のMCプロトコル、オムロン製のFINSプロトコルに加え、Modbus TCP、タスクコード通信を使用できるようになった。今後、ジェイテクト製PLC等、順次、適用範囲を拡張する。
  2. データベースの拡充(部材在庫管理)
    部材在庫管理は、Oracle製データベースに加え、SQL Serverを使用できるようになった。今後、工程実績登録等、SQL Serverの利用範囲を順次、拡大する。
Previous

富士通とNTTドコモ、5G・VR活用のバーチャル災害体験を実施

ゼロゼロワン、IoT機器の情報を可視化するSaaS型検索エンジン「Karma」のβ版を提供開始

Next