大阪府住宅供給公社と堺市が連携、IoTを活用した「堺市シェアサイクル実証実験」を開始

⼤阪府堺市では、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録に伴い、周遊環境を向上させることなどを目的に、市内各所にIoTを活用したシェアサイクルを導入して、回遊性の向上等を図る「堺市シェアサイクル実証実験」を段階的に開始する。

シェアサイクルとは、さまざまな場所に設置してある「シェアサイクル・ポート」で自転車を好きなタイミングで、好きな時間使うことのできるサービスだ。

まずは、シェアサイクルの自転車貸出・返却拠点となる「シェアサイクル・ポート」を、⼤阪府内で賃貸住宅の提供などの事業を⾏う大阪府住宅供給公社(以下、公社)が所有している大型商業施設「フレスポしんかな」の敷地の一部に設置し、公共交通の機能補完や地域活性化など社会的課題の解決に向けて、3月10日から同実証実験を開始する。

今回の「堺市シェアサイクル実証実験」では、OpenStreet株式会社が提供しているIoTを活用した自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を導入する。

Previous

ミツフジと前田建設、ウェアラブル機器からの心拍情報で暑熱環境のリスクを可視化する技術を開発

コニカミノルタ、工場の生産・安全性を向上するエッジAIカメラ MOBOTIX M73を2020年4月から提供開始

Next