スマートロボティクスが、Pythonから操作できる「Buildit Actuator」を販売開始

株式会社スマートロボティクスは、同社開発製品の「Buildit Actuator」を販売開始した。同製品は、減速機、クロスローラベアリング、多回転対応エンコーダ、モータ、ブレーキ、サーボドライバが内臓されている「コンパクトサイズのオールインワン・アクチュエータ」である。

保持ブレーキやベアリング機構、駆動用や位置決め用の制御回路が内臓されており、ロボットアーム開発の設計・製造コスト削減に貢献できる。また、ロボットだけではなく、IoT機器や部分的な自動化ツール、例えば、バルブ開閉やカメラ雲台、展示会のオブジェ、アームロボットのプラス1軸の自動化などとして活用できる。

同製品は、電源24V(DC24V)とホストであるパソコンを接続するだけの構成で、セットアップは約3分だ。制御用コマンドの記述には、「Python」から操作が可能で、Pythonライブラリを公開している。マイコンボードにプログラムを組込み、無線LANやBluetoothを利用することで、パソコンなしで配線レスで利用できる。

スマートロボティクスが、Pythonから操作できる「Buildit Actuator」を販売開始

今後、同社で開発中の「トマト収穫ロボット」のロボットアームや台車、カゴのローディングなどにも「Buildit Actuator」を活用する予定とした。

Previous

IDC、2020年~2026年の国内法人向け5G関連IT市場の年間平均成長率は198%と予測

DELL、企業が管理するデータ量の平均が2016年から831%増と発表

Next