クボタとマイクロソフトが戦略的提携、デジタルトランスフォーメーションを推進

株式会社クボタは、世界各地のニーズに応じた農業機械を通じて増大し続ける食料需要に応え、水環境分野では、水道管から水処理施設に至るまで製品群でトータルソリューションを提案している。

今回、クボタとマイクロソフト コーポレーションは、クボタのデジタルトランスフォーメーションの推進に向けて、複数年にわたる戦略的提携を発表した。この提携によりクボタのITインフラやSAPなどの基幹システムを、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を基盤とするクラウドに移行する。

マイクロソフトのクラウドによる業務の最新化は、AIはじめとする先端技術の利用を容易にし、データ活用の規模拡大や柔軟性に貢献する。またクラウド上に重要な基幹システムを統合することで、クボタは業務を合理化し、グローバルでの統合されたデータ活用を加速可能になる。

また、クボタはイノベーションの創出を目的に、マイクロソフトと協力して新たに「AI Machine Learning Lab プロジェクト」を立ち上げる。同プロジェクトでクボタは、AIソリューションを開発する新たな技術者の育成や社内の業務革新、食料・水・環境分野における新サービスの構築をめざす。マイクロソフトは、Azure Machine Learningで提供する広範な知識と先端技術を活用して、クボタのAIへの取り組みを支援するとした。

Previous

凸版印刷、脳活動を計測して消費者インサイトを分析

NTTドコモ、「5G総合実証試験」を実施

Next