KDDIとJFEスチール、製鉄所に5Gを導入

高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続を特長としている5Gは、リアルタイム性と安定性が求められる製造現場のネットワーク環境で、センサーで取得した大量のデータを一括収集し、各設備を一括制御することができ、製造現場全体の最適化に貢献する。また、生産効率向上、工場内の自由なレイアウト変更への対応、設備と作業員の協働支援など、工場のスマートファクトリー化、デジタルトランスフォーメーションの更なる推進に貢献することが期待されている。

JFEスチール株式会社とKDDI株式会社は、千葉地区のJFEスチール東日本製鉄所で、2020年4月から5Gを導入し、4K映像などの活用を通して、JFEスチールの安定操業やスマートファクトリー化を推進する。

工場内に生産ラインを監視する高精細ITVカメラとKDDIの5G基地局を設置して、カメラで撮影した4K映像を5Gで伝送することで、蓄積される映像と各種トレンドを同期化して分析できる仕組みを構築する。映像は管制室の4K対応モニターからリアルタイムでも確認することができるようになる。

同システムは試運転の後、5月から稼働を開始する。そして、将来的には、映像と各種トレンドを踏まえたAIによる各種品質判定などを目指す。

また、今後は他工場、他事業所への水平展開のほか、サイバー・フィジカル・システムを高度化するためのインフラとして、5Gの活用を検討、推進するとした。

Previous

IoT人気記事ランキング|コニカミノルタのエッジAIカメラ「MOBOTIX M73」発売など[3/9-3/15]

東急・JR東日本など、伊豆半島で展開した「観光型MaaS」実証実験の結果を報告

Next